ADHDの人はカード破産しやすい?クレジットカードには注意が必要

ADHDの人はお金の管理が苦手な人が多いと言われています(参考記事:大人のADHDはお金の管理が苦手?ADHDの人がお金を上手に管理するための8の方法)。

これはADHDの人の脳の特性に問題があるようです。

以下の記事では、ADHDの人がお金の管理が苦手な理由、クレジットカードを持つことの危険性について書かれていて参考になります。

 ADHDが疑われる主婦・サチコさん(40代女性)には、こんなことがしょっちゅうあります。 ===== サチコ 「あの子、そういえば、新しい靴が欲しいって言ってたっけ」 さらに買い物を続けようと、靴屋…

ADHDが疑われる主婦・サチコさん(40代女性)には、こんなことがしょっちゅうあります。

サチコ 「あの子、そういえば、新しい靴が欲しいって言ってたっけ」

さらに買い物を続けようと、靴屋のレジでクレジットカードを出したところ「お客様、このカードは使えなくなっています」と言われてしまいました。今月の限度額を超えているようなのです。サチコさんの財布は、クレジットカードの利用明細やレシートなどでパンパンに膨らんでいます。サチコさんは、靴を買うのをあきらめました。

記事によると、ADHDの人は、お金の管理が苦手で、「衝動買いが多い」「ギャンブルに夢中になって借金する」「クレジットカードの限度額を把握できない」という特長があるそうです。

実は、サチコさんに限らず、ADHDをもつ人は、お金の管理が苦手です。

理由はさまざまですが、現実的・直接的な理由はいくつか指摘されています。①衝動買いが多い、②ギャンブルに夢中になって借金する、③クレジットカードの限度額を把握できない。こんなことが直接の引き金となっているようです。

また、クレジットカードでお金の管理ができなくなる人は、ADHDの人に限らず、物事を「感覚的に」つかむタイプ、非言語的記憶が優位なタイプの人に多いそうです。

クレジットカードでお金の管理ができなくなる方は、ADHDの方に限らず、けっこういらっしゃいます。原因のひとつとして、情報の「つかみ方」に特徴があるといわれています。情報のつかみ方には大きく分けて2タイプあり、物事を“感覚的に”つかむタイプと、“データや数字などに基づいて”つかむタイプの方がいらっしゃいます。前者を非言語的記憶が優位なタイプ、後者を言語的記憶が優位なタイプといい、お金の管理が苦手な方は、前者に当てはまることが多いのです。

クレジットカードだと「お金の感覚」というのがつかみ辛いですよね。ただの数字の情報しかないわけですから。そのため、非言語的記憶が優位なタイプの人は、クレジットカードを使用すると、お金の感覚をうまくつかめず、使いすぎてしまうようです。

記事では、非言語的記憶が優位なタイプの人は、クレジットカードを止めて、現金を持つことが勧められています。現金だとお金の感覚がつかみやすいからだそうです。

私も非言語的記憶が優位なタイプなので、記事を読んでいて、とても共感する点が多かったです。実際、私自身、カードを止められたことがあります。また、ギャンブルにはまり、依存症のようになったこともあります。

しかしこれらはADHDの人の脳の特性が原因です。

記事を読んで、ADHDの人は、あらかじめ脳の特性を知ったうえで、行動をすることがとても大切だと思いました。

たとえば他の人がやっているから、私もクレジットカードを持つ、ギャンブルをする、というのは、少し危険かもしれませんね。

参考サイト:カード破産が多い? ADHD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク