スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

ADHDの人は、裁量が大きくてサポートの多い仕事が向いている?

最新の調査によると、ADHDの人は、裁量が少なく支援がない仕事に非常に敏感だとわかりました。このような仕事は、心理的に苦痛を感じるADHDの人が多いです。 ADHDの人は、仕事がパフォーマンスに大きく影響を与えます。仕事が変われば、パフォーマンスも劇的に変化する可能性があるのです。 もし、仕事があっていれば、クリエイティブで献身的、そして過集中を発揮できます。しかし、合わない仕事では、やりたくない仕事に注意を払うことができないのです。

たくさん眠るとADHDの症状が改善される?研究で明らかに

アメリカの研究によると、ADHD(10代)の人は、睡眠をたくさんとると症状が改善することがわかりました。研究では、ADHDの若者を対象に、一週間で6時間半の睡眠をとるグループと、9時間半の睡眠をとるグループの2つにわけました。そして、2つのグループのワーキングメモリー、整理・計画能力、感情コントロールなどの「実行機能」を評価しました。その結果、9時間半の睡眠をとったグループのほうが、評価が高いことがわかったそうです。

親にやりたい仕事を反対されたらどうする?反対する親や家族との付き合い方

就職するときや転職するとき、やりたい仕事を親に反対されたことはありませんか?就職のときは、もっと堅実で安定した仕事を選ぶように言われたり、転職するときは、仕事を辞めること自体に反対されるかもしれません。それで親とけんかになったこともあるかもしれません。そんなときに対処するための方法を紹介します。

NO IMAGE

すぐに発達障害の診断を受けたい人は、予約なしのクリニックがおすすめ

最近、発達障害の診断を受けようとする人が多く、病院でなかなか予約が取れません。特に、有名な発達障害を専門とする病院はそうです。何か月待ちというのも珍しくありません。しかし、これではすぐに診断を受けたい人は困ってしまいますよね。そんな人におすすめなのが、予約なしで受診できるクリニックです。こちらであれば、極端な話、予約なしでその日のうちに診断が受けられます。

発達障害の診断は医師によって違う?診断を受けたい人は複数の病院に行くべき

発達障害かどうか診断を受けたい人は、複数の病院に行ったほうがよいと思います。なぜなら、病院によって診断結果が違うことがあるからです。Aという病院では発達障害の診断が出るが、Bという病院では診断が出ないことがあるからです。まさに私の場合もそれでした。以下、私の経験を紹介します。

発達障害の人は職場を転々としがち?3割の人が「6カ所以上の職場を経験」

発達障害の人は仕事が長続きせず、職場を転々とする傾向があるようです。調査によると、発達障害の人の3割が「6カ所以上の職場を経験」しているそうです。以下は新聞の記事(有料)(「「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割」)からです

仕事の不安に対処する方法

仕事で不安になることが多いですよね。私もその一人です。そこで、仕事の不安にうまく対処する方法を紹介します。[toc]1.「最悪のことを考えない」不安を感じているときは最悪のシナリオを考えてしまいがちです。しかし、それは生産的ではなく、また現実的でないことが多いです。多くの人は、悪い結果ばかりを考えるという罠にはまり、どのようにうまくいくかは考えなくなるのです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2