PR

障害者の婚活アプリでおすすめは?

スポンサーリンク

障害者は婚活をしたいと思っていても、なかなか難しいですよね。

そこで、障がい者で婚活をしたいという人におすすめのアプリを紹介します。

スポンサーリンク

障害者に特化した恋活・婚活マッチングアプリ「IRODORI(いろどり)」

障がい者の友活・恋活・婚活アプリ「IRODORI」
IRODORIは、障がいをもつ方、 障がいに理解のある方がご利用できる恋活・友達作りアプリです。個性を認め合い、他の誰でもないあなたを待っている人がいます。

「IRODORI(いろどり)」は、障害者に特化した恋活・婚活マッチングアプリです。

昨年7月に開始され、9カ月で3万ダウンロードを突破しています。

150組以上のカップルの縁を結んでいます。

ユーザーの特徴

ユーザーは30代が中心です。

発達・精神障害者のほか、軽度の知的障害者や身体障害者も参加しています。

料金

入会・利用ともに無料です。

マッチングアプリの多くは料金がかかることが多いので、これは良いですね。

利用するのに必要な物

利用するには、障害者手帳の提示が必要です。

また、軽度の人はお薬手帳です。

障害への理解がある健常者も利用でき、その際は運転免許証などで身元確認を行います。

 

これまでに6千人がアプリ内で個別にチャットできる「マッチング」段階に進んでいます。

婚活をしたいと思っている障害者の人は一度利用してみるのをおすすめします。

おすすめの就労移行支援
LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました