書道家・武田双雲氏がADHDと告白

対人苦手リンク

書道家の武田双雲さんが、ブログで自分はADHDの可能性があることを告白しました。過去次のような経験があったことがその根拠だそうです。「たとえば学生の時椅子を作る授業ど僕だけ完成せず、まったく椅子にならなかったり」「裁縫がまったくできない、何度頑張っても三角おにぎりも、箸もちゃんと握れない」「黒板の文字がすぐにゲシュタルト崩壊していく」「授業が次の科目に移ってることがわからなくなる」

また、「三回ともバイトはすべて首」「学校では人と合わなかった」ということもあったそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

書道家・武田双雲氏がADHDと告白

書道家・武田双雲氏が3日に更新した自身のブログで「たぶん僕もADHD」と、自らに発達障害の可能性があることを告白した。

「たぶん僕は今で言うと精神の病気?」というタイトルで更新されたブログで武田氏はアップル・コンピュータのCEOだったスティーブ・ジョブス氏がADHDだったとするネットニュースのキャプチャー画像を引用し、「んで、たぶん、僕もADHD。度合いはわかんないけど」と、自らもADHDの可能性があることを明かし「たとえば学生の時椅子を作る授業ど僕だけ完成せず、まったく椅子にならなかったり」「裁縫がまったくできない、何度頑張っても三角おにぎりも、箸もちゃんと握れない」「黒板の文字がすぐにゲシュタルト崩壊していく」「授業が次の科目に移ってることがわからなくなる」など自分の過去の体験談を挙げた。

また武田氏は「三回ともバイトはすべて首」になったことも告白。「学校では人と合わなかった」と学校生活になじめなかったことを振り返ったうえで「両親やまわりにそれをよい個性と受け入れてくれる人がいて、恵まれてよかったなぁと思う」と綴り、家族や周囲のサポートに感謝の言葉を送った。

書道家・武田双雲氏、発達障害の可能性を告白「たぶん僕もADHD」

武田双雲さんが本当にADHDであるかどうかはわかりません。ただしご本人も言うように、その個性を周囲の人が認めてくれたことが、書道家として成功することにつながったのかもしれませんね。周囲の理解というのが大切なんだなと思います。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ