大人のADHDの人は感情をコントロールできない?ADHDの感情の問題

大人のADHDの人によく見られる「感情」の問題をいくつか紹介します。

これらは私自身もよく経験することです。

スポンサーリンク

1.感情をコントロールできない

大人のADHDの人はすぐに怒ったり、感情を爆発させてしまうことがよくあります。

これはADHDの人のワーキングメモリーが原因の一つとも言われています。

2.失感情症(Alexithymia)

失感情症は、自分の感情や身体の状態に気づくことができなかったり、感情を言葉で表現できなかったりする症状です。

3.他人の感情に気がつかない

また、ADHDの人は自分だけでなく他人の感情にも気がつきません

特にいったん集中が途切れると、非常に冷たく、鈍感で、他人の気持ちがわからない人間と見られることがあります。

一方で、他人の感情に過剰に敏感になるときもあります。

4.他人から拒否されるのに敏感

ADHDの人は他人から拒否されたり、批判されたりするのに敏感です。

その理由の1つは失敗した経験が多いからです。

ADHDの人にも多い?他人から拒否されるのを極度に嫌う「拒絶感受性違和」とは?」という記事も参考になります。

5.過剰反応(オーバーリアクション)

ADHDの人はささいなことにも過剰に反応してしまいます。

何が危険で何が危険ではないかの区別をするのが難しいのです。たとえば、話しかけられると過剰に反応してしまい、もう少し遠くから話してもらえますか、などと話人もいるそうです。

ADHDの人は心が穏やかになる状態がほとんどないため、このような反応を示すそうです。

これは私もよくあります。過剰に反応してしまい、相手をびっくりさせてしまうのです。

6.恥や罪の感情を持つ

ADHDの人は小さいときから社会に馴染めず、まるで社会から追放されるかのような経験をします。

そのため大人になると、「自分は不完全な人間という意識を持ちやすいのです。

 

参考記事:7 Emotions That Knock Us Off Our Feet


マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました