ADHDの人は怒りを抑えられない?怒りをコントロールする方法

怒る男性

ADHDの人は怒りを抑えられないことが多いです。

もちろん、誰もが怒りを感じますし、それは普通のことで健康的な感情です。

しかし、怒りを抑えられないと、本人や周りの人に悪い影響を与えます。

そこで、ADHDの人が怒りをコントロールする方法を紹介します。

スポンサーリンク

ADHDの人が怒りを抑えられない原因

ADHDの専門家であるブラウン博士によると、ADHDの人が怒りを抑えられないのはワーキングメモリーが原因です。

ワーキングメモリーには多数の情報が一時的に格納されます。ワーキングメモリーの情報を処理することで、現在の行動の助けになるのです。

しかしADHDの人の場合、ワーキングメモリーが弱いため、多数の情報を処理する能力が落ちてしまいます

そのため、ADHDの人が怒りを感じると脳は怒りの感情でいっぱいになってしまうのです。

ADHDの人が怒りをコントロールする方法

怒りはコントロールでき、完全に止めることさえ可能です。

1.怒りを紙に描く

怒りを感じたらそれを紙に書きましょう。紙に書くことで怒りを外に出すことができ、怒りを減らすことができます。

2.怒りを共有する

怒りの原因を、友人やセラピストなどと共有しましょう。そうすることで、怒りを減らすことができます。

3.怒りを恥ずかしく思わない

怒りを感じることを恥ずかしく思わないことも重要です。

4.SNSやニュースなどはあまり見ない

SNSやニュースは怒りの原因となることがよくあります。あまり見ないようにした方が良いでしょう。

参考記事:ADHD and Rage


イライラしない、怒らない ADHDの人のためのアンガーマネジメント (健康ライブラリー)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました