ADHDの人が気を付けたほうがよい「セルフケア」のリスト

ノートとペン

ADHDの人が気をつけたほうが良い「セルフケア」のリストをいくつか紹介します。

幸せに生きるためには自分を大切にすることが重要です。そのためにはセルフケアをきちんとしなければいけません。

しかし、ADHDの人はセルフケアがおざなりになってしまうことが少なくありません。その1つの理由は自尊心が低い事です。

セルフケアにはいくつかありますが、特に優先すべきものを紹介します。

スポンサーリンク

「健康」

「人」

  • あなたを尊重し、認めてくれる人と一緒に過ごす
  • 心から一緒にいて楽しめる人と付き合う
  • 他人との境界を作る。そうすれば他人に怒ったり、自分がすり減ることはありません

「コミュニケーション」

  • 断ることに不安を感じないようにする
  • 人にうまく頼めるようにする

「交通手段」

  • 安全に旅行できるように車を整備する
  • 速度制限に従う
  • 常にガソリンを入れておく

「金銭管理」

  • 請求書を期限内に支払う
  • 毎年税金を払う

「幸せ」

  • 自分が楽しいと思えることをして時間を過ごす。趣味など
  • 感謝の気持ちを育てる。毎日感謝できることを3つ見つける

「身だしなみ」

  • 定期的に美容院の予約をする
  • 爪を短くし、ひげを剃る
  • 人前で見苦しくない服(穴が開いてない、シワがない)を着る

以上です。

どれも基本的で普通のことだと思われます。

しかし、特にADHDや発達障害の人はこの普通のことができていない人も多いのではないでしょうか。私もいくつかできていなかったので、注意したいと思いました。

参考記事:How to Prioritize Self-Care When You Have ADHD

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました