重症のADHDの人でも、1日20分の運動でADHDを改善できる!?米の研究で明らかに

運動

以前からADHDを改善する方法として「運動」が非常に効果的だと言われてきました。

最新の研究でも、それが証明されました。

1日20分運動するだけで、ADHDの症状が重い人であっても、症状を改善することができるそうです。

これは米大学の研究で明らかになりました。

米大学が研究 大人のADHD、重度でも1日20分で改善可能に? - ライブドアニュース
発達障害の1つである注意欠陥多動性障害(ADHD)になっている人が大人にも多いことが最近、明らかになっている。J-CASTヘルスケアでも、2016年7月18日付「発達障害は大人にも発症する『部屋を片付けられない人』は

そのADHDがかなり重い人でも1日に1回20分程度の運動を続ければ、気持ちを明るくし、やる気の向上につながるという研究がまとまった。

参考記事:「大人の発達障害」悩む人に光明 重症でも1日20分で改善できる

米ジョージア大学のパトリック・オコーナー教授らのチームによる研究で、重度のADHDと診断された18~32歳の男性32人を対象に実験が行われたそうです。

参加者の人たちは、ADHDの重症度を判定するテストを、運動をする前に一回、運動をした後で一回、受けたそうです。その結果、参加者の多くが、「運動をした後のテストはやる気を感じ、前向きに取り組めた」とアンケートで答えたそうです。

運動は、20分間エアロバイクを漕いだそうです。

スポンサーリンク

運動で改善されるのは、集中力や注意力ではなく、気持ち?

ただし、運動をする前とした後では、「テストの結果(集中力と注意力を測定するもの)」は変わらなかったそうです。ですから「集中力」や「注意力」は、運動では改善されなかったようです。運動で改善されるのは「気持ち」のようですね。

しかし重度のADHDの人でも、20分間の運動だけで、気持ちが前向きになれるというのはとてもいいことだと思います。

そのうちADHDの運動療法ができるかもしれませんね。今後も楽しみです。


ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク ミニ マグネット8段階負荷 大型液晶メーター 省スペース AFB2018K

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました