発達障害者の失業率は75~97%、新卒は、4人に1人しか就職できない!?

会社

発達障害者は就職するのが非常に困難なようです。

以下の記事によると、発達障害者の失業率は75~97%です。

新卒は、4人に1人しか就職できないそうです。

「就職は人類で最も困難」だそうです。

発達障害者の新卒で就職できるのは4人に1人。失業率75~97%、自殺は8倍多く、寿命は16年短い。
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

発達障害者の失業率は75~97%、新卒は、4人に1人しか就職できない!?

内容のポイントは以下です。

  • 発達障害者の新卒は、4人に1人しか就職できない
  • 失業率は75~97%
  • 知能の凹凸が激しいと、幅広い知能を要する普通の仕事が困難になる
  • 得意分野を活かせた一握りは圧倒的な実力で社会に適応できる

このデータは外国のもののようですが、就職が難しいのは事実でしょう。

特に、「幅広い知能を要する普通の仕事」が困難なのはよくわかります。

得意分野を生かした仕事で活躍できる人もいますが、それは一部のようです。

また記事にもあるように、発達障害は目で見てすぐわかるものでもないので、周囲の理解が得られにくいのも問題です。

加えて、就職がうまくいかないと二次障害(うつ病など)になる可能性もあります。そして、二次障害になるとさらに就職が難しくなってしまいます。

発達障害者にとって、就職はまさに前途多難です。

ただし、最近は行政の支援も増えてきたので、以前よりはマシになっているようにも思えます。今後もさらに支援が広がればよいと思います。


発達障害の人の「就労支援」がわかる本 (健康ライブラリー)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ