発達障害者の失業率は75~97%、新卒は、4人に1人しか就職できない!?

対人苦手リンク

発達障害者は就職するのが本当に大変なようです。データによると、発達障害者の失業率は75~97%、新卒は、4人に1人しか就職できないそうです。

こちらのまとめ記事で詳しく説明されていて、勉強になります。

発達障害者の就職は人類で最も困難

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

発達障害者の失業率は75~97%、新卒は、4人に1人しか就職できない!?

内容のポイントは以下です。


・発達障害者の新卒は、4人に1人しか就職できない
・失業率は75~97%
・知能の凹凸が激しいと、幅広い知能を要する普通の仕事が困難になる
・得意分野を活かせた一握りは圧倒的な実力で社会に適応できる

「発達障害者」の人は、普通の人と同じように仕事をするのはかなり困難があるようですね。得意分野を生かした仕事ができればいいですが、全ての人がそうできるだけでもないと思うので、なかなか大変だと思います。

また記事にもあるように、発達障害は「障害」と言っても目で見てすぐわかるようなものでもないので、周囲の理解が得られにくいというのも問題だと思います。

発達障害の人は、就職がなかなかできなかったり、就職できたとしても仕事ができなかったりして、周りの人から非難されることが多くなると、二次障害となりうつ病などになってしまい、さらに就職が難しくなるという悲惨な状況にも陥りかねません。

発達障害者にとって、就職はまさに前途多難ですね。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ