発達障害者を支援する人の「資格」が複数創設される

発達障害者に関する社会の関心は広がっています。

そんな中、発達障害者を支援する人のための「資格」が複数創設されたそうです。

 発達障害者を支援する人材をサポートする取り組みが広がってきた。国や自治体、民間団体が相次いで「資格」制度を創設。発達障害の専門知識を詳しく学ぶ機会を用意して、障害を持つ人と日常的に職場や学校で接する人たちの理解の輪を広げようとしている。

創設された資格は、「発達障害学習支援サポーター」「精神・発達障害者しごとサポーター」「発達支援サポーター」「発達支援マネージャー」です。

この中には厚生労働省が創設した資格もあります。それぞれ簡単に紹介します。

スポンサーリンク

「発達障害学習支援サポーター」

「発達障害学習支援サポーター」は、一般社団法人「子ども・青少年育成支援協会」が創設した資格です。主に保育・教育従事者、就労施設職員などを対象にしています。

「精神・発達障害者しごとサポーター」

「精神・発達障害者しごとサポーター」は、厚生労働省が創設した資格です。主に発達障害者と職場で一緒に働く同僚の人などを対象にしています。

「発達支援サポーター」「発達支援マネージャー」

「発達支援サポーター」「発達支援マネージャー」は、埼玉県が創設した資格です。保育所・幼稚園職員や自治体職員などを対象にしています。

以上です。個人的にはこの中では特に「精神・発達障害者しごとサポーター」に興味があります。

発達障害者の人にとって、働く環境は非常に重要だと思うからです。職場に1人でも理解のある人や、サポートしてくれる人がいれば、それだけでだいぶ違うように思えます。その意味で、重要な資格だと思いました。

また支援者資格を持っていることで、たとえば職場で出世できたり、就職や転職に有利になるということも出てくるかもしれません。そうするとウインウインの関係でさらに良いようにも思えます。

もし興味のある人は取得してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ