ADHDの人は日記を書くのがおすすめ

対人苦手リンク

ADHDの人は「日記」を書くのが良いそうです。

なぜ日記が良いのか、その理由をいくつか紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「忘れっぽさをカバー」

ADHDの人は忘れっぽいと言われます。

しかし、日記を書けばそれをカバーできます。日記を見返せば、よく忘れてしまいがちなイベントや出来事などがわかるので、注意できるからです。

忘れっぽさは直せなくても、自分は何を忘れやすいのかがわかれば、それに対処することはできるのではないでしょうか。

2.「恥の感情を減らす」

英語のことわざに「問題を分かち合うことは問題を半減させることだ」というものがあるそうです。

日記に書くことも、問題を分かち合うことにつながると考えられます。そして、それが恥の感情を減らすことにもつながります。

また、文章にすることで何が起こったのかを認識でき、自分の感情を整理するのにも役立ちます。

3.「思考のループを壊す」

悩みなどを何度もぐるぐると考えてしまう、「思考のループ」になることはありませんか?これは私もよくあります。

これに対処するには、考えを書き出して、それらを頭の中から紙の上に出すと良いそうです。

思考のループが起きる原因の一つは、問題が適切に解決できていないことが原因だそうです。日記に考えを書き出し、整理することが解決の一歩になります。

また、悩みや心配なども紙に描きだすことで減らすことができるそうです。

4.「よく眠れる」

夜眠れない原因の一つは、意識が忙しくなっているからです。

日記を書いているときは意識が忙しくなります。そのため、眠る前に日記を書き意識を忙しくすることで、その後の眠る時には意識が静かな状態でいられるようです。

5.「先のことに意識が向く」

日記を書くと、先のことに意識が向くようになります。

これは受身ではなく主体的になることを意味するようです。そして、先のことに意識が向くようになると、ストレスが減り人生が楽しくなるそうです。

「ブログもおすすめ」

最近ではブログを日記代わりにする人も多いと思います。ブログは様々な人と交流ができますし、アドバイスをもらえることもあるので良いと思います。

しかし一方でトラブルが起きたりもするので、誰にも見せたくない内容の場合は非公開設定などにしたほうが良いでしょう。

個人的には、誰にも見せない日記と、公開する日記(ブログ)の2つを使い分けると良いように思えます。

参考記事:Why Journal Writing is Helpful If You Have ADHD

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ