大人のADHDの症状を一言で例えるとどんな感じ?

コンピュータの画面

ADHDの症状は人によって様々だと思います。

もしADHDの症状を一言で例えるとしたらどのような感じになるでしょうか?当事者の人が例えた例をいくつか紹介します。この中に共感できるものもあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

1.「ハムスターの回転車(ハムスターホイール)」

「ADHDはまるで回転車を回しているハムスターのようです。しかも全速力で、ノンストップです。」

2.「ヤッツィー(Yahtzee)」

ヤッツィーは、5つのサイコロを振って、ポーカーの手に似た手を作り、高得点を競うゲームです。

「ADHDはまるで誰かが「自分の脳」をヤッツィーのカップに入れ、サイコロを振るように脳を振り、それから床にばらまくのと似ています。そうしてバラバラになった脳をまとめるに一日を費やすのです。」

3.「糖蜜」

「ADHDは、まるで「糖蜜」の中を重い足取りで進むようなものです。」

4.「独り言」

「ADHDはまるでノンストップで続く独り言のようなものです。」

5.「コンピュータの故障」

「ADHDは、まるで脳内のコンピュータが故障した状態で一日中歩いているようなものです。」

6.「永遠に終わらないプレゼンテーション」

永遠に終わらないパワーポイントのプレゼンテーションを見たことがありますか?私にとってADHDとはそのようなものです。」

7.「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

「ADHDは5分後の未来に生きているようなものです。過集中が始まると、世界は存在しなくなります。一切が存在しません。時間の感覚もなくなるのです。」

8.「日によって全く違う」

「ADHDは、ある時には誤解され、過小評価され、崖っぷちに立たされているように感じられます。しかし別の時には、輝き、自信にあふれ、世界のてっぺんにいるように感じられます。これは完全にその日によって違うのです。」

9.「大量のタブ」

「ADHDはまるで600ものタブが開かれたブラウザのようなものです。それぞれのタブで開いているサイトは、すべて違うものです。」

10.「脳をミキサーにかける」

「ADHDはまるで思考をミキサーにかけて混ぜ合わせているように感じられます。」

11.「オール「アンド」ナッシング」

「ADHDは、いつも、全てを完璧にやりたいという気持ちと、何一つ一切やりたくなくないという気持ちが同時にあるように感じられます。」

以上がADHDを一言で例えた例です。私はこの中では「多すぎるタブ」「日によって全く違う」「オールアンドナッシング」が共感できるように思えました。

参考記事:”To Me, ADHD Feels Like…”

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ