PR

うつやADHDで精神科に行く人は注意!保険に入れなくなるかも?

スポンサーリンク

最近では心の病気に対する理解も広まり、精神科を受診する人も増えているようです。

ただしうつやADHDで精神科に行く人で注意が必要なのは、精神科で病気の診断をされると、保険に入れなくなる可能性があるそうです。

保険は、同じ条件の人がお金を出し合って、万一の場合に支えあう相互扶助の仕組みです。そのため保険の加入に際しては健康状態も審査された上で契約することになりますので、難病指定になっているような病気は精神的な病気も含めて加入が難しくなります。

参考記事:うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?

精神科で診断がついてしまうと、保険に加入するときに、審査で落とされる可能性があるということですね。

ただしうつやADHDの持病があっても入れる保険があるそうです。それは「引受基準緩和型保険」と「少額短期保険」です。

スポンサーリンク

「引受基準緩和型保険」と「少額短期保険」とは

「引受基準緩和型保険」

「引受基準緩和型保険」とは、以下のようなものになるそうです。

精神的な病気があると一般的な保険に加入することは難しいのですが、持病があっても入れる保険もあります。これは引受基準緩和型保険と言って、保険会社が契約を引き受ける基準を緩やかにしているものです。

参考記事:うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?

「引受基準緩和型保険」は、持病があっても入れる保険ですね。

引き受ける基準を緩やかにしている保険です。ただし支払う保険料が通常のものより割高だそうです。

「少額短期保険」

「少額短期保険」とは、以下のようなものになるそうです。

少額短期保険とは、保障内容が手ごろで保険期間が1年間の保険で、精神疾患の病歴があっても入れるものもあります。 中には発達障害や知的障害のある方向けに作られた保険もあり、自分の保障だけではなく、他人のものを壊したりケガをさせたりした場合の保障が付いているものもあります。

参考記事:うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?

保険期間が1年間という短い期間の保険ですね。

期間が短い分、精神疾患の病歴があっても、加入することができるようです。また発達障害や知的障害の人向けの保険もあります。

「発達障害者向け」の保険

「発達障害者」の人向けの保険もあります。

たとえば「ぜんちのあんしん保険」は、発達障害者などの、障害者を対象とした保険です。こちらは「少額短期保険」になるようです。

【保険】知的障害・発達障害・ダウン症・てんかんの方向け|ぜんち共済株式会社
ぜんち共済株式会社は、知的障害・発達障害・ダウン症・てんかんなど障害者向けの保険を取り扱う専門保険会社です。知的障害・発達障害のある方特有の様々なリスクとニーズを考慮し、安心した生活をサポートします。

参考サイト:うつ、不眠症、ADHD…でも精神科に行くと保険に入れないかも?


いらない保険 生命保険会社が知られたくない「本当の話」 (講談社+α新書)

おすすめの就労移行支援
LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク



taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました