栗原類さんが又吉直樹さんと「発達障害」について対談

栗原類さんは、以前、自身が発達障害であることを告白しました。そして今回発達障害に関する自著(『発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』)を出版することになったそうです。そして本には芥川賞作家で芸人の又吉直樹さんとの対談が収録されているそうです。

栗原類、発達障害を綴る自著で又吉直樹と対談 - 芸能 : 日刊スポーツ
モデル栗原類(21)が10日、都内で、自著「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」(KADOKAWA)出版記念イベントに出席した。栗原は8歳の時、当時在… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

又吉さんも以前ニュース番組で発達障害を取材したことがあります(芥川賞作家又吉直樹さんがニュース番組で「大人の発達障害」を伝える)。

2人の対談がどのようなものかとても興味深いですね。

栗原類さんと又吉直樹さんはモデルとお笑い芸人ということで、一見したところあまり接点がなさそうです。しかし栗原さんは以前から又吉さんのファンだったそうです。

「昔からファンで、テレビ番組の共演で知り合いました。でも人見知りなのでどう声をかけていいかが分からず、『肩揉みましょうか』って。そこでメールアドレスとか交換して、今回対談も受けていただきました」。

栗原さんと又吉さんは、2人とも寡黙なところが似ているような気もしますね。

又吉さんは芸人の才能だけでなく、小説家でもあるので、栗原さんとの対談の内容はきっと読み応えがありそうな気がします。興味のある人は読んでみてはいかがでしょうか。

参考記事:栗原類、発達障害を綴る自著で又吉直樹と対談
[amazonjs asin=”4046017775″ locale=”JP” title=”発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由”]

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました