芥川賞作家又吉直樹さんがニュース番組で「大人の発達障害」を伝える

又吉直樹さんといえば、お笑いコンビ「ピース」のボケ担当であり、また自身の小説『花火』で芥川賞を受賞した話題の人物です。

そんな又吉さんですが、最近日本テレビ系「NEWS ZERO」でキャスターデビューをしました。その記念すべき一回目で、又吉さんが取材した「大人の発達障害」のVTRが放送されたそうです。

又吉さんはVTRの中で「それぞれの立場で大変な思いをされている人たちがいる。私たちのまわりにも普通にいらっしゃるんで、理解がほしいですね」とコメントしたそうです。

これをきっかけに「大人のADHD」への理解がさらに深まるといいと思います。もしかしたら今後又吉さんが大人のADHDをテーマとした作品を発表されるかもしれませんね。

ピース・又吉直樹(35)が28日放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」(月~木曜・後11時、金曜・後11時半)でキャスターデビューした。マンスリーキャスターとして、月1回登場する第1回目は「大人の発達障害」をテーマに自身による取材VTRを紹介した。

人とのコミュニケーションが取れずに悩む大人たち、というシリアスなテーマに挑んだ。障害のため電話の応対ができず4回も転職した36歳のPCメーカー社員に密着取材し、その日常をリポート。「それぞれの立場で大変な思いをされている人たちがいる。私たちのまわりにも普通にいらっしゃるんで、理解がほしいですね」と神妙にコメントした。スポーツやランキングのコーナーでは笑いを取るなど、いろんな表情を見せた。「火花」で芥川賞を受賞している又吉だけに、ジャーナリストとしての手腕にも期待できそうだ。

参考記事:又吉が「ZERO」でキャスターデビュー「大人の発達障害」を伝える


夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました