「納期が短い仕事は断る」社員の半数以上が発達障害の会社の働き方改革が面白い

対人苦手リンク

仕事をしていると納期が短い仕事をする機会があると思います。

納期が短い仕事があると、一日中そればかり考えて不安を感じたり、多大なストレスを抱えて疲れ果ててしまったりすることはありませんか?

私自身はとてもよく経験があります。

特に、発達障害者の人にとっては、納期が短い仕事は多大なストレスを感じたり、疲労を覚えたりすることがあるようです。

そのため、できれば発達障害の人は納期が短い仕事はしないほうが良いのかもしれません。

実際、以下の社員の7割以上が発達障害者という会社(グリービジネスオペレーションズ)では、納期が短い仕事は断るという方針を決めているそうです。

発達障害は、感覚過敏を併発することも多い。視覚や聴覚などが健常者より敏感になることから、多くのストレスにさらされ、疲労を感じやすくなるという。この特性から、体調が安定しない社員も多いため、「納期に余裕を持てない仕事は受けない」ルールが設定されている。

これはすばらしいですね。ただし、仕事を断ると次の仕事が来なくなってしまうような気もしますが、その点はどうしているのか少し気になります・・・。

また、この会社にはほかにも、時間単位で休暇がとれる「時間有給」や、仕事中に休むことができる休憩室もあるそうです。発達障害の人のことをよく考えて会社の環境が作られていると思います。

一般の会社ではなかなか難しいかもしれませんが、発達障害の人が多くいるような会社ではこのような配慮があると良いなと思いました。私もこのような会社で働きたいです。

障害者の就・転職は「障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】」などでも探せます。

参考記事:「断る仕事を決める」 発達障害が7割以上の会社の“働き方改革”が参考になる

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2