発達障害の人は職場を転々としがち?3割の人が「6カ所以上の職場を経験」

対人苦手リンク

発達障害の人は仕事が長続きせず、職場を転々とする傾向があるようです。

調査によると、発達障害の人の3割が「6カ所以上の職場を経験」しているそうです。以下は新聞の記事(有料)(「「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割」)からです

 「6カ所以上の職場を経験した」――。20歳以上の発達障害者を対象にした毎日新聞のアンケートでは、発達障害の診断を受けた人のうちの36.4%が、こう答えた。「現在就労していない」も30.1%。働き出しても一つの職場で長続きせず、安定しない実情が浮かんだ。

「6カ所以上の職場を経験した」――。20歳以上の発達障害者を対象にした毎日新聞のアンケートでは、発達障害の診断を受けた人のうちの36.4%が、こう答えた。「現在就労していない」も30.1%。働き出しても一つの職場で長続きせず、安定しない実情が浮かんだ。

発達障害の人は、細かいミスが多かったり、職場での空気が読めなかったりして、職場を転々とするケースが多いのかもしれません。

また、現在働いていない人も3割いるようです。

職を転々としても、いつか自分に合う職場がみつかればいいですが、もしそれが見つからない場合、経歴がマイナスになってしまうと思います。

ただし、合わない職場で我慢しすぎると二次障害(うつ病など)になってしまうこともあるので、職場を変えないこともまたマイナスになる可能性があるように思われます。

参考記事:「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2