発達障害

大人になって「発達障害」と診断される人が増えている!?

最近、大人になってから「発達障害」と診断される人が増えているとのことです。 学校を卒業するまではそれほど問題なかったのだが、いざ社会に出て働き始めるとうまくいかなくなり、「発達障害」であることがわかるというケースが多いのでしょうか。こ...
ASD/自閉症/アスペルガー症候群

医者はアスペルガー症候群に向いている仕事?

アスペルガー症候群の人にとって、仕事の悩みは大きいですよね。私も他人事ではありません。 ところで、医者という仕事はアスペルガー症候群の人に向いているのでしょうか?ネットで興味深い質問を見つけたので紹介します。 この女性は...
発達障害

同じ発達障害でも全然違う?「ADHD」と「アスペルガー症候群」の違いは?

発達障害には「ADHD」と「アスペルガー症候群」の2つがあります。 どちらもよく聞く言葉ですね。 しかし、「ADHD」と「アスペルガー症候群」は同じ発達障害でもその症状は違います。 「ADHD」は(Attention De...
ADHD

ADHDに効果のある薬、「コンサータ」と「ストラテラ」とは?

現在日本でADHDに効果のある薬として承認されているのは、「コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩徐放錠)」と「ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)」の2つです。 「コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩徐放錠)」 「コンサータ(メチ...
発達障害

発達障害者への障害者手帳の交付基準は、各都市でバラバラ?

発達障害者の人は、障害が認められると「精神障害者保健福祉手帳」が交付されます。 この手帳が交付されると、経済面では「所得税・住民税等の控除」、「交通機関の運賃減免」、「公共施設などの利用料減免」が受けられます。 また、雇用の面で...
発達障害

自治体が発達障害者の若者の就労を支援

東京の世田谷区が行っている、発達障害の若者の就労支援が話題になっているようです。 世田谷区は、発達障害者が民間企業などへの就職を目指す就労支援センター(UNI)を立ち上げ、さらに発達障害に理解のある企業と連携し、発達障害者の若者の就労...
発達障害

発達障害者の失業率は75~97%、新卒は、4人に1人しか就職できない!?

発達障害者は就職するのが非常に困難なようです。 以下の記事によると、発達障害者の失業率は75~97%です。 新卒は、4人に1人しか就職できないそうです。 「就職は人類で最も困難」だそうです。 発達...
ASD/自閉症/アスペルガー症候群

アスペルガー症候群の人に向いている仕事は?

こちらでは、アスペルガー症候群の大学生が、専門家に仕事探しについて質問をしています。 アメリカの大学生ですが、卒業後の就職を不安に感じているようです。これは日本も外国も同じですね。 質問 「私はアスペルガー症候群の大学生です。...
ADHD

大人のADHDの時間管理に関するチェックリストが話題に

大人のADHDの特徴の1つは、時間管理がうまくできないことです。 たとえば、遅刻をよくしたり、仕事の締め切りをよく破ってしまいます。 そんな人には、以下の「大人のADHDの時間管理のチェックリスト」を利用するのがおすすめ...
ADHD

大人のADHDに向いている仕事15選

大人のADHDの人は、仕事で苦労する人が多いです。仕事ですぐにクビになったり、仕事を転々としている人も珍しくありません。 実際、発達障害の人の3割が「6カ所以上の職場を経験」しているというデータもあります。 ADHDの人が仕事を...
タイトルとURLをコピーしました