自閉症の人は胃腸に問題があることが多い?

自閉症の人は、胃腸に問題のある人が多いです。

最近では、カリフォルニア大学デイビス校の研究で、自閉症の子どもは便秘や下痢などの胃腸の問題を抱えていることがわかりました。

スポンサーリンク

自閉症の子どもの胃腸の問題は、双方向的

研究者によると、自閉症の子どもの胃腸の問題は、双方向的だとも考えられるそうです。

つまり、自閉症の子どもは胃腸に問題があることで、問題のある行動を起こしてしまい、また問題のある行動が、胃腸に問題を引き起こしたり、悪化させたりしてしまうのです。

研究では子どもが対象ですが、ネットを見ていると大人の自閉症やアスペルガーの人でも、胃腸の問題を抱えている人が多いようです。

これを書いている私自身も、昔から胃腸の弱さに悩まされています。そして人づきあいの苦手なアスペルガー的な性格です。

ストレスを抱えたり、環境が変わったりするだけで、すぐに胃腸の調子が悪くなります。今も胃腸薬は手放せません。アスペルガーの人は胃腸の弱い人が多いというのを知って、さらに自分のアスペルガーな特徴に確信が持てたような気がしました。

改善策として「グルテンフリーの食事」を勧めている人もいますが、効果が実際にあるのかどうかはわかりません。興味のある人は一度試してみていかがでしょうか。

参考記事:Autism Linked to Digestive Problems / Autism and GI Disorders


発達障害は食事でよくなる

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました