ADHDの人の家はゴミ屋敷になりやすい。研究で明らかに

新しい海外の研究で、ADHDの人は「ため込み行動(hoarding behaviors)」をする人が著しく多く、生活に深刻な影響を与えることが明らかになりました。

これはいわゆる「ゴミ屋敷」の人の特徴と重なると思われます。

スポンサーリンク

研究概要

今回の研究は、イギリスのアングリア・ラスキン大学の研究者によって行われ、Journal of Psychiatric Research誌に掲載されました。

研究によると、ADHDの人のほぼ5人に1人が深刻なため込み行動を示していることが分かりました。

ホーディング障害(ためこみ症)は、物を過剰にため込んで捨てられない(過剰な散らかりを伴う)疾患です。この障害は、日常生活での苦痛や困難をもたらし、うつ病や不安症の原因となる可能性があります。

アングリア・ラスキン大学のSharon Morein博士は、88名の大人のADHDの人を対象に研究を行いました

その結果、このADHDグループの19%が深刻なため込み症状があり、平均年齢は30代で、男女比は同じであることがわかりました。

一方で、ADHDではない人の場合は、2%です。

また、残りの81%にも、生活に大きな支障をきたすほどではないものの、ため込み症状が見られました。

研究者によると、ためこみ症は時間とともに徐々に悪化することが多いため、ADHDとためこみ症の関連性について、臨床医やADHD患者の間で認識が深まることが重要なようです。

via: ADHD linked to hoarding behaviour – new study / ADHD Linked to Hoarding Behavior

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました