「清掃業」は発達障害の人に向いている?

発達障害の人におすすめと言われるのが、「清掃業」です。障害者雇用の求人としても多いようです。

しかし、実際はどうなのでしょうか?清掃業は本当に発達障害の人に向いているのでしょうか。

そこで、ネットでの体験談や自分の経験などを参考に考えてみました。

スポンサーリンク

「唯一長く続いているのが清掃の仕事」

以下は、発達障害の人の意見です。この人にとって、唯一長く続いているのが清掃の仕事だそうです。

20代後半の女です。発達障害(アスペルガー、ADHD)の診断を去年受けました。

何をしてもうまくいかず、人間関係もうまくいかず、仕事が続きません。

唯一、続けられている今のアルバイトは清掃の仕事です。

発達障害の場合、どうやったらちゃんと仕事が出来るようになれますか?

この人の例を見ると、発達障害の人は清掃業に向いていると思えます。

ただし、集団での作業や、チームワークが求められる現場は向いてないという意見もあります。

清掃も現場によります。私は企業ビルで清掃パートとして勤めていますが、数人で確認しあいながら、声を掛け合いながら作業をする為、マイペースな私にとっては向いていないのかもと考えています。

ADHDで清掃業 ケアレスミス+対人関係をうまく築くことができない

おそらく、発達障害の人はコミュニケーションが苦手ですし、不注意も多いため、共同作業の現場は向いていないのだと思います。周りとの関係が悪くなる可能性も高いと思います。

ただし、グループ作業でも、周りの人の配慮があれば大丈夫かもしれません。

これらの意見を見ると、一般的に発達障害の人は清掃業に向いているが、共同作業やチームワークを求められる現場は向いていないと言えるのかもしれません。

「1人で作業できる現場が良い?」

以上をふまえると、発達障害の人にとっては、清掃業の中でも特に1人で作業できる現場が良いのかもしれません。

1人で黙々と作業できるような現場ですね。1人であれば、コミュニケーションが苦手でも問題ないことが多いでしょう。

加えて、ミスに厳しくない、時間に厳しくないせかされることが少ないなども重要だと思います。

もちろん、発達障害の人でも清掃業に向いていない人もいると思います。その点は、自分の適性をよく考えておく必要があるでしょう。医師に相談してみるのもおすすめです。

「まとめ」

まとめは以下です。

  • 一般的に、清掃業は発達障害の人に向いている
  • ただし、共同作業は向いていない(ことが多い)
  • 1人作業の現場が良い
  • ミスに厳しくない、時間に厳しくない、せかされないことも重要

仕事探しは「障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】」(障害者手帳のある人向け)や「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】」などで探せます。

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました