ASD/自閉症/アスペルガー症候群一覧

スポンサーリンク
対人関係728
NO IMAGE

香港は自閉スペクトラム症(ASD)が多い?自閉スペクトラム症の統計を紹介

自閉スペクトラム症(ASD)に関する統計を紹介します。 以下の記事を参照しました。1.治療法はない これまでに様々な研究が行われていますが、現時点では自閉スペクトラム症の有効な治療方法はありません。 2.香港は自閉スペクトラム症者が多い 世界中に自閉スペクトラム症の人はいますが、特に香港は自閉スペクトラム症の人が多いです。その数は27人に1人です。一般的には68人に1人の割合と言われています。

NO IMAGE

自閉スペクトラム症の改善にオキシトシンは効果がない?臨床試験で明らかに

これまで、自閉スペクトラム症の改善に「オキシトシン」の効果が期待されてきました。 オキシトシンは「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも言われるホルモンで、ストレスの緩和や幸せな気分にさせる効果があり、対人関係の改善が期待できるとされています。今のところ有効な治療薬が存在しない自閉スペクトラム症の改善にも期待されていました。

「自閉スペクトラム症」は「セロトニンが少ない」ことが関係している?

発達障害の1つである「自閉スペクトラム症」は、セロトニンの量が少ないことが関係しているかもしれないそうです。これは最新の研究で明らかになったことです。自閉スペクトラム症は対人関係が苦手なのが特徴ですね。 セロトニンは「幸せホルモン」とも言われ、幸福感を高める効果が期待できるものですね。「うつ症状」もセロトニンが不足していることが原因だと指摘されています。

血液と尿検査で自閉症が診断できる?最新の研究で明らかに

自閉症の診断が血液と尿検査で可能になるかもしれません。これはイギリスとイタリアの科学者たちによる研究で明らかになったことです。研究者たちによると、自閉スペクトラム障害の子どもの多くに特定のタンパク質の損傷見られたそうです。そのため、血液と尿検査でこのタンパク質の損傷が発見できれば、自閉症の診断が可能になるかもしれないそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2