自閉症の特性がパズルを解く助けに?巨大なパズルを完成させた自閉症の男性

アメリカマサチューセッツ州に住む、20歳の自閉症の男性が、4万320ピースもある巨大なディズニーのパズルの壁画を完成させたそうです。

完成にかかった日にちは、トータルで80日間、 11週と423時間だそうです。全て1人でやり遂げたそうです。

この男性によると、自閉症という特性がパズルを解く助けになっているそうです。彼はイメージを一つにまとめるのが得意とのことです。

この男性は3歳のときにパズルを始めたそうです。パズルを解いている時間は、楽しく穏やかでいられたそうです。完成したパズルは学校に寄付したいそうです。

彼は自分の作品を通して、障害を持つ人々が夢を実現する助けになることを願っているそうです。

自閉症の人がその特性を生かした活動ができるのはとても良いことだと思いました。

参考記事:“My autism helps:” He has a gift for solving puzzles; his last contained 40K pieces!

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました