自閉症の特性がパズルを解く助けに?巨大なパズルを完成させた自閉症の男性

対人苦手リンク

アメリカマサチューセッツ州に住む、20歳の自閉症の男性が、4万320ピースもある巨大なディズニーのパズルの壁画を完成させたそうです。

MARSHFIELD, Massachusetts -- If life were a puzzle, then Jack Brait would certainly know how to solve all of its broken pieces. He just completed a giant Disney...

完成にかかった日にちは、トータルで80日間、 11週と423時間だそうです。全て1人でやり遂げたそうです。

この男性によると、自閉症という特性がパズルを解く助けになっているそうです。彼はイメージを一つにまとめるのが得意とのことです。

この男性は3歳のときにパズルを始めたそうです。パズルを解いている時間は、楽しく穏やかでいられたそうです。完成したパズルは学校に寄付したいそうです。

彼は自分の作品を通して、障害を持つ人々が夢を実現する助けになることを願っているそうです。

自閉症の人がその特性を生かした活動ができるのはとても良いことだと思いました。

参考記事:“My autism helps:” He has a gift for solving puzzles; his last contained 40K pieces!

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2