2016年09月一覧

スポンサーリンク
対人関係728

ADHDや対人関係の苦手な人が自営業をするときのヒント

ADHDや対人関係の苦手な人に向いている仕事の一つとしてよく言われるのが「自営業」や「フリーランス」、「在宅の仕事」です。しかしもちろん「自営業」は簡単な仕事ではありませんし、自営業ならではの問題もあります。そこでADHDや対人関係の苦手な人が「自営業」をするときに重要なヒントを紹介します。

ADHDの人は上司の相性がとても重要?

ADHDの人は職場での上司との相性がとても重要なようです。以下の記事では、ADHDを自称する人が、上司が変わったことで劇的に仕事のミスが無くなったことについて書いています。ブックマークが1000以上あるので、かなり多くの人(ADHDじゃない人も)から共感が得られているようです。

ADHDの人におすすめの治療法のヒント

ADHDの人によくありがちな間違いは、定型発達の人向けの治療方法を使用することです。 両親や、先生、配偶者などは、ADHDの人の脳の働きがどのようなものかを理解していません。そのためADHDの人の様々な症状に対して、定型発達の人向けの治療方法を勧めてくるのです。

NO IMAGE

リオオリンピック体操金メダリスト「シモーネ・バイルズ」選手がADHDであることを告白

しかしこの告白は少し「複雑」で、きっかけはハッカーによる情報の漏えいでした。ハッカーが漏えいさせた情報の中に、シモーネ・バイルズ選手がオリンピックで使用を禁止されている薬物を使用した記録が含まれていたそうです。この薬物はメチルフェニデートで、リタリンとも呼ばれるものです。

「内定」が取れない、面接で落とされる原因は発達障害かも?

内定が取れない学生は面接で落とされることが多いようです。面接で落とされる人には対人関係能力が不足していることが多く、そのような人は発達障害の可能性があるそうです。 私自身も書類選考は通るが面接で落とされるということが何度もあり、これはなんとなくわかります。

ADHD(多動症)の子どものサポートグッズ

ADHD(多動症)の子どもの子育ては大変なことが多いと思います。 そんな子育てに苦労している親を助けてくれるのが、ADHD(多動症)の子どものためのサポートグッズです。以下の記事ではサポートグッズがいくつか紹介されています。ネット購入もできるようです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2