ADHD

大人のADHDの人の半数がアルコールと薬物を乱用している可能性が明らかに

カナダで行われた最新の調査によると、大人のADHDの約半数が、アルコールや薬物を乱用している可能性のあることがわかりました。 また、特にうつ病や不安症があるADHDの人々は、薬物を乱用しやすいことがわかりました。 トロント大学のEsme F...
ADHD

ADHDと認知症には関連性がある?研究で明らかに

ADHDは、認知症やアルツハイマー病になるリスクと何らかの関連性があることが、新たな研究で明らかになりました。 スウェーデンの研究者らは、ADHDの人の両親や祖父母は、家族にADHDがいない人に比べて、アルツハイマー病や認知症になるリスクが...
ADHD

ADHDを持つスポーツ選手5人

東京オリンピックが話題ですが、スポーツ選手の中にはADHDを持っている人が少なくありません。 ADHDの特徴である多動性や過集中、衝動性が、スポーツの世界では強みとなる可能性があります。 一流のアスリート選手は、一般よりもADHD(注意欠陥...
ADHD

ADHDの強みと良い点を7つ紹介

ADHDはネガティブに語られがちですが、強みと良い点も数多くあります。 そこで、ADHDの強みと良い点を7つ紹介します。 1.過集中 過集中は、ADHDの人が何時間も作業に集中し、周りのものを一切気にしなくなる状態です。 これは、多くの場合...
ADHD

ADHDの人が不安に対処する方法は?

ADHDの人は不安を感じやすいです。 医者から抗不安薬を処方されている人もいるでしょう。 そこで、ADHDの人が不安に対処する方法を紹介します。 ADHDの人が不安に対処する方法 元米海軍兵士のリッチ・ディヴィニー氏による、不安を感じるとき...
ADHD

アメリカで非中枢刺激薬の新しいADHD治療薬が承認

米食品医薬品局(FDA)は4月2日、6~17歳のADHD患者を対象とした治療薬「Qelbree」を承認しました。 これは米Supernus Pharmaceuticals社が製造したもので、20年以上前にヨーロッパで抗うつ薬として販売されて...
ADHD

ADHDの少女は10代で妊娠することが多い。台湾の研究で判明

台湾の新しい研究によると、ADHDを持つ10代の少女は、早期妊娠のリスクが高まることがわかりました。 しかし、ADHD治療薬を長期的に使用することで、10代での妊娠のリスクを減らすことができます。 これは、「Journal of Atten...
ADHD

ADHDの人が「午後の仕事のスランプ」に対処する方法

午後2時から4時の間、ADHDの人はよく、精神的にも肉体的にも感情的にも疲れてしまう午後のスランプを経験します。 もちろん、このようなスランプは、誰もがある程度経験していることでしょう。 しかし、ADHDの人の中には、ちょっとしたスランプで...
ADHD

ADHDの新薬「AZSTARYS」をFDAが承認。早ければ2021年後半に米で販売へ

新しいADHDの治療薬「AZSTARYS」が、米国食品医薬品局 (FDA) から承認されました。 AZSTARYSは米国の製薬会社ケムファーム(KemPharm)が開発した薬で、6歳以上の注意欠陥多動性障害(ADHDまたはADD)の治療薬と...
ASD/自閉症/アスペルガー症候群

インドのハイデラバードで自閉症の男性がケーキ店をオープン。人気に

自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つローシャンさん(22歳)は、インドのハイデラバードでケーキ店「Mom's Cakes and Bakes」を経営しています。 彼の母親であるマリーさんが彼の注文を手伝っています。 ローシャンさんのケーキ...