ADHDの人は「普通」の人生を送れていない?

ADHDの人に共通する不満や悩みは「普通の人生を送れていない」ことです。

ADHDの人は、自分と同年代の人たちを見て、彼ら/彼女らが人生で通過するべき課題(何歳になったら何をする)を達成しているように見えるのです。周りの人たちは普通の人生を送れているが、自分は違うと感じてしまうのです。

しかし実際には、普通の人生を送れている人というのはそう多くありません。ただしADHDの人はそれをより強烈に感じているようです。

それはおそらく、ADHDの人はいくつかのことが他の人たちより長引いている(例えば、単位を取得できずに大学の卒業が遅れたり、なかなか安定した仕事に就けないなど・・)ことや、自尊心が低いことや自分に自信が無いことが原因です。

テレビなどのメディアは、何が「普通」かを私たちに伝えます。21歳で大学を卒業、20代で仕事のキャリアを築き、30歳で幸せな結婚をして子供を作るといったものです。

しかし世界は変化しています。そして現在の「普通」は、昔とは違う新しいものになっているのです。

スポンサーリンク

仕事生活

人々はもはや月曜から金曜まで、9時から5時まで同じ仕事をし、65歳で定年するという仕事生活はしていません。

今日では、過去の世代以上に仕事は大きく変化しているのです。

フレックスタイムや、遠隔のオフィス、家にいる父親などが増えています。

20代前半で、お金持ちになることもできるのです。例えば、Facebookのザッカーバーグのように。

子育て

伝統的に、異なる性別の両親が子供を持ち、20~24歳の間に子供を生むことが一般的でした。

しかし現在は40代で子供を生む親も増え、さらにはシングルの親ももはや珍しくなくなりました。

歌手のエルトン・ジョンは、年齢や性別にこだわらない、新しい親のモデルとしてぴったりでしょう。

結婚

初婚年齢の平均はますます高くなっています。現在のところ、男性は28歳、女性は26歳です。

もはや昔の単線的な生活スタイルは「普通」ではありません。私たちは以前にも増して、自分には何が合っているのかを考えながら選択をする自由があります。

あなたはけして「普通」の人生を送れていないことに劣等感を抱く必要はありません。

特定の年齢で結婚や家を買ったり、あるいは仕事の地位に就くべき、といったルールはないのです。

あなたがこのような規則から自由であると感じられる時、自分が最も輝けるペースで生きることができるでしょう。

ADHDの症状を抱えている場合、重要なのは自分の最もしたいことをすることです。そして外からの声よりも自分の内なる声に耳を傾けることです。

もしそうするなら、これまで以上に幸せと成功を経験することができるでしょう。

参考記事:Do You Feel ‘Behind’ In Life?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ