ADHDに効果的なクラシック音楽8選

対人苦手リンク

ADHDの症状を改善する効果があるというクラシック音楽を8つ紹介します。

クラシックの音楽は科学的な研究でも脳を癒し強くする効果が認められているそうです。特にADHDの子供に効果があるそうです。

興味のある人は一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第5番』」

ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第5番』は、子どもの脳を刺激し、子どもの言語スキル等を発達させる効果があります。

2.「モーツァルト『交響曲第40番』」

モーツァルト『交響曲第40番』は、子どもの学習能力や、子どもの聴力を改善する効果があります。

3.「バッハ『ブランデンブルク協奏曲』」

バッハ『ブランデンブルク協奏曲』を聴くと、脳がいわゆる「アルファモード」と呼ばれる状態に変わります。

脳が「アルファモード」になると、集中力や学習能力が改善されます。

4.「ヘンデル『水上の音楽』」

ヘンデル『水上の音楽』も、脳を「アルファモード」に変えるのに効果的です。

脳が「アルファモード」に変わるには20分ほどかかります。

そのため、子供が宿題をする前に、この音楽を流すのが良いでしょうです。

また一度音楽を聴き始めたら途中で変えないことが大切です。

5.「ブラームス『ヴァイオリン協奏曲』」

ブラームス『ヴァイオリン協奏曲』を聴くと、脳は「アルファモード」に入り、体はリラックスできます。

しかし同時に意識は覚醒した状態のままでいられます。

エネルギーを集中して効果的に使用でき、素晴らしいアイディアを生み出すことができます。

6.「ヴィヴァルディ『四季』」

ヴィヴァルディ『四季』は、「音楽」と「赤ちゃんの言語発達」の関係について研究した「ドナルド・シェルター」によって広く使用されました。

彼は赤ちゃんが子宮内で音楽を聴くことで、記憶力などがより良いものになることを発見しました。

7.「チャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番』」

ピアノなどの楽器を演奏することは、「子供の音楽療法」にとって重要です。

子供は楽器を学習することで、集中力や、記憶力などが改善します。

これは特にADHDの子供やLDの子供に効果的だと言われています。

衝動性」や「ワーキングメモリー」などを改善する効果があるそうです。

8.「パッヘルベル『カノン』」

子供が夜うまく眠ることができないときは、クラシック音楽が助けになります。

このパッヘルベル『カノン』は、瞑想の効果があり、長い一日の後で過活動になった意識を落ち着かせます。

参考記事:music-therapy-8-best-songs-for-adhd-minds

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ