ADHDの人など、気が散りやすく集中できない人におすすめの、集中する方法

気が散りやすく、なかなか集中できないという人も多いと思います。特にADHDの人の特徴の一つは集中できないことです。

そこで、集中できない人がうまく集中するための方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.「立ち上がる/動き回る」

仕事場などで集中できない場合は、トイレに行くなどして、立ち上がり動きましょう。また本当に集中できない場合は、素早く階段を何回か上り下りするのも効果があります。

2.「落書きをする」

長い電話や退屈な会議でなかなか集中できない場合は、落書きをすると集中できる場合があります。

3.「手を忙しく動かす」

手を忙しく動かすと集中できるそうです。

たとえば、髪の毛を丸めるなどして手を動かしたりすると効果的です。また家では編み物をするのもいいでしょう。

4.「音楽を聴く」

音楽を聴くと集中できます。これは多くの人が自然とやっていることですよね。

また、することに合わせて音楽を変えるとよいようです。運動をする場合は、激しい音楽、眠る場合は穏やかな音楽などです。ADHDの人はホワイトノイズが効果的だと言われています。

5.「ガムを噛む」

何か文章やメールを書くときにガムを噛むと集中できるようです。もしガムがダメなら、レモンドロップなどでも良いです。

参考記事:9 Constructive Fidgets That Promote Focus

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ