ADHDの新しい治療剤「インチュニブ錠」が発売される

ADHD治療薬にはコンサータとストラテラがありますが、最近新しい治療剤「インチュニブ錠」が発売されたそうです。

5月26日に、塩野義製薬株式会社とシャイアー・ジャパン株式会社が発売したそうです。

塩野義製薬株式会社とシャイアー・ジャパン株式会社は5月26日、注意欠陥/多動性障害(ADHD)治療剤「インチュニブ(R)錠1mg・3mg」(一般名:グアンファシン塩酸塩)を発売したと発表した。

この治療剤の特徴は、ADHD治療薬で初めての「選択的α2Aアドレナリン受容体作動薬」だそうです。といっても、薬に詳しくないとよくわからないですが・・・。

ただし、すでに2009年にアメリカで発売されていて、日本を含む38か国で、累計100万人以上の患者さんに処方されている薬だそうです。世界で多くの人が服用している薬なので、それだけ効果が期待できるということかもしれません。

この薬によりADHD治療薬の選択肢が1つ増えることになるので、当事者にとっては良いことなのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク