電気ショックでADHDを治療。新しい医療機器がアメリカで承認される

ADHDの治療は薬を使用するのが一般的です。

しかし、最近アメリカで、電気ショックでADHDの治療ができる医療機器がFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受けました。

FDA Approves New Treatment For ADHD Using Electrical Shocks To The Forehead
Monarch eTNS is a small electrode patch worn on the forehead, usually overnight, that stimulates branches of the sensory trigeminal nerve.

この最新の医療機器は、「モナークeTNS(Monarch eTNS)」です。額に小さな電極パッチを装着して神経を刺激し、治療を行います

開発したのはNeuroSigmaで、ロサンゼルスを拠点とするバイオエレクトロニクスの会社です。

NeuroSigma
スポンサーリンク

ADHDの症状が44%改善

7歳から12歳までの62人の子供を対象とした試験では、ADHDの症状が44%改善されたことがわかりました。特に多動の症状がある子供に効果があるようです。

ただし、効果がどのくらい持続するのか、大人には効果があるのかなど、まだわかっていないことが多いです。

また、保険は適用されないので、この機器を使用しての治療には約1000ドル(約10万円)かかります。

薬を使わない治療が画期的

この機器が画期的なのは、ADHDを薬を使わないで改善できる点です。

ADHDの治療薬には副作用があるので、薬を使用するのが嫌な人もいるでしょう。そのような人にはぴったりの機器だと思います。

もちろん電気ショックというのも少し怖いですが、薬の副作用よりは気にならないという人も多いのかもしれません。

この先日本で導入されるかはわかりませんが、今後の動向が気になります。

参考記事:FDA Approves New Treatment For ADHD Using Electrical Shocks To The Forehead / NeuroSigma Announces FDA Clearance of Monarch eTNS System as First Non-Drug Treatment for Pediatric ADHD 


マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました