ADHDの人が勉強する時のヒント

対人苦手リンク

ADHDのある人が勉強をするときに気を付けるべきヒントを紹介します。

ADHDのある学生の人は、講義などで気が散ってしまい集中できなくなることがよくあると思います。講義に出席したものの、何を勉強したのかわからないということもあると思います。

また、学生だけでなく、資格などの勉強をする社会人の人にも参考になるかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「学生が講義で集中力を維持するための方法」

学校の講義で集中力を維持するための方法は以下です。

「ノートを取る」

ノートを取ると集中力を維持できるようです。ただし、教授の言うことのすべてをノートに取る必要はありません。重要だと思うキーワードだけをメモするだけでも良いと思います。

「フィジェットトイ(ストレスボールやハンドスピナーなど)を利用」

ハンドスピナーなどで手を動かすと集中力を維持する助けになるようです。

「友人にノートを借りる」

「講義を録音する(教授から許可が得られた場合)」

講義を録音すると確実です。ただし録音する際は教授から許可を得たほうがよいでしょう。録音を嫌がる教授もいるからです。

2.「ルーティーンを作る」

家で勉強するときは、勉強のルーティーンを作りましょう。たとえば、平日の夜7時から9時は勉強すると決めたら、それを習慣化します。

最初は抵抗があるかもしれませんが、習慣化すると次第にそれが当たり前になり、逆にその時間に勉強していないと不自然に感じられるようになります。

3.「勉強モードに切り替える方法を作る」

私もそうですが、勉強を開始するのに時間がかかる人が多いのではないでしょうか。一旦勉強を始めると過集中で勉強が進む人も少なくありません。

そのため、勉強モードに切り替える方法を考えることが重要です。

運動を始める時にはまずストレッチをします。勉強を始める時にも、このストレッチとなるようなものを用意すると良いようです。脳にこれから勉強を始めるというサインを送るのです。

たとえば、以下のような流れが考えられるようです。

  • まず、コーヒーやお茶を入れ、勉強する部屋で飲む(これから勉強するぞというサイン)。
  • 次に、勉強が終わった後のご褒美を計画する(映画やテレビを見るなど)。
  • タイマーを30分にセット(30分で終わる)。
  • 勉強を始める。

4.「人と比べない」

これはADHDのある人すべてに当てはまるとも思いますが、人と比べないことも重要です。

ADHDの学生は、ほかの学生のほうが自分よりも勉強が進むのが速いと思ってしまう人も多いようです。しかし、これは実際はどうなのかはわかりません。

また、ADHDの人のほうが創造性が豊かである場合が多いです。

人と比べず、自分自身の勉強の進度とその結果に意識を向けましょう。

5.「自分にご褒美を与える」

ADHDの人の脳は、勉強が終わった後にご褒美があることがわかると、大きなモチベーションになり、頑張れます。

勉強の前にご褒美を考えるとよいのかもしれませんね。

6.「休憩をこまめに取る」

勉強するときは休憩をこまめに取るとよいようです。タイマーを用意して、30分ごとに休憩するようにします。

休憩に入ったらストレッチなどをします。それからまた30分勉強を始めます。こうすると集中力も維持できるのでよいと思います。

また、パソコンを使用している場合は、長時間画面を見ていると目にも悪いですね。一旦スイッチが入ると過集中の状態になってしまう場合もあるので、健康のためにも意識的に休憩を取ることが必要だと思います。

参考記事:10 Tips for ADHD Students

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ