ADHDの人が集中力を維持するために使える身近な「フィジェットトイ」

ADHDの人は集中力を維持するのが難しいとよく言われます。

そんなときにおすすめなのが「フィジェットトイ」です。フィジェットトイは、ストレス、不安、退屈を発散することができ、集中力を維持するのに役に立ちます。最近有名になったフィジェットトイはハンドスピナーですね。

また、フィジェットトイは特別なものではなく、たとえば「ペン」もフィジェットトイになります。

以下は身近にあるフィジェットトイの例です。

スポンサーリンク

1.「ペン」

退屈な会議などでは、ペンを叩いたり回したりすると集中力が維持できます。ペンはすばらしいフィジェットトイになるようです。

ただし、音はさせないように注意しましょう。手の平やももを叩くとよいようです。

2.「ノート」

他の人が話していることをノートに取るふりをする(フェイクノート)と集中力を維持できるようです。

書いていることは意味のないものです。落書きでもよいですし、ちょっとした言葉のゲームなどです。

3.「ガム」

ガムを噛むことも集中力を維持するのに役に立ちます。野球選手などがガムを噛んでいるのをよく見ますが、あれも集中力を維持させるためというのもあるようです。

しかし、ガムは仕事場などでは難しいかもしれません。

4.「輪ゴム」

輪ゴムをいじるのも集中力を維持するのに役立つそうです。

5.「髪の毛」

ときどき髪の毛をいじりまわしている人をよく見かけます。これも集中力を維持するのに役立つそうです。ただし少し不潔のように思われる可能性もありますね・・。

6.「舌」

口の中で舌を動かしたりして集中力を維持する人もいるそうです。

市販のフィジェットトイも人気

また、最近では市販のフィジェットトイが販売されていて、amazonなどでも購入できるようです。

たとえば、手におさまるくらいのサイズの「フィジェットキューブ」と呼ばれるものも人気です。これだと仕事中などでも使うことができると思います。

参考記事:Fidgeting — It’s Not Just for Kids

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました