ADHDの人が集中力を維持するために使える身近な「フィジェットトイ」

対人苦手リンク

ADHDの人は集中力を維持するのが難しいとよく言われます。

そんなときにおすすめなのが「フィジェットトイ」です。フィジェットトイは、ストレス、不安、退屈を発散することができ、集中力を維持するのに役に立ちます。最近有名になったフィジェットトイはハンドスピナーですね。

また、フィジェットトイは特別なものではなく、たとえば「ペン」もフィジェットトイになります。

以下は身近にあるフィジェットトイの例です。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「ペン」

退屈な会議などでは、ペンを叩いたり回したりすると集中力が維持できます。ペンはすばらしいフィジェットトイになるようです。

ただし、音はさせないように注意しましょう。手の平やももを叩くとよいようです。

2.「ノート」

他の人が話していることをノートに取るふりをする(フェイクノート)と集中力を維持できるようです。

書いていることは意味のないものです。落書きでもよいですし、ちょっとした言葉のゲームなどです。

3.「ガム」

ガムを噛むことも集中力を維持するのに役に立ちます。野球選手などがガムを噛んでいるのをよく見ますが、あれも集中力を維持させるためというのもあるようです。

しかし、ガムは仕事場などでは難しいかもしれません。

4.「輪ゴム」

輪ゴムをいじるのも集中力を維持するのに役立つそうです。

5.「髪の毛」

ときどき髪の毛をいじりまわしている人をよく見かけます。これも集中力を維持するのに役立つそうです。ただし少し不潔のように思われる可能性もありますね・・。

6.「舌」

口の中で舌を動かしたりして集中力を維持する人もいるそうです。

市販のフィジェットトイも人気

また、最近では市販のフィジェットトイが販売されていて、amazonなどでも購入できるようです。

たとえば、手におさまるくらいのサイズの「フィジェットキューブ」と呼ばれるものも人気です。これだと仕事中などでも使うことができると思います。

参考記事:Fidgeting — It’s Not Just for Kids

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ