ADHDの人などが締切に遅れないためのヒント

あなたは締切によく遅れることはありませんか?

ADHDの人などはその症状が原因で締切に遅れることがよくあると言われます。

そこで、締め切りに遅れないためのヒントをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.「自分のできること以上のことはしない」

自分ができる範囲のことをしましょう。

できそうにないことをしようとすると締め切りに遅れてしまいます。

スケジュールの中でどれくらいの時間が使えるのかを考え、それに応じて計画しましょう。

2.「締め切りは見える位置に表示」

締め切りは常に見える位置に表示しておきましょう。

たとえば、パソコンのスクリーンセーバーに表示するようにします。

3.「心の声を変える」

モチベーションを高める言葉を自分に言いましょう。

たとえば、「これを時間通りに上司に渡したら素晴らしい気分になるだろう」などです。

また、単純に「私はできる」でもいいでしょう。

4.「決めた時間は守る」

9時から17時まで仕事をすると決めたら、それを守りましょう。

もし「あと一時間・・・」と17時以降も仕事をしようとすると、気が散ってしまうことがあります。

5.「大きなプロジェクトは小さく分ける」

大きなプロジェクトは小さなものに分けましょう。

プロジェクトを半分や、4分の一に分けます。

そうすれば順調に進めることができます。

参考記事:10 Ways to Actually Beat Deadlines

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました