ADHDの人はアルコール依存症になりやすい?ADHDの人が禁酒するための5つのヒント

酒

ADHDの人は依存症になりやすいです。ニコチンアルコール依存症が代表的です。

アメリカではアルコール依存症者の15%から25%がADHDです。

そこで、お酒の量を減らす、お酒を止めるためのヒントを紹介します。

スポンサーリンク

1.お酒を飲む理由を特定する

お酒を飲む理由をはっきりさせましょう

リラックスするため?緊張をほぐすため?眠るため?辛い記憶や感情を忘れるため

または、理由が複数混ざっている可能性もあります。

どちらにしても、お酒を飲む理由がわかったら、その問題を解決するようにしましょう。

2.ライフスタイルを変える

ある研究によると、ADHDの人の40%が15歳になるとお酒を飲み始めます

これはADHDではない人に比べると倍以上です。もし15歳でお酒を飲み始めたとしたら、ほぼ生まれてからずっとお酒を飲んでいることになります。

お酒を完全に止めるか、制限しましょう。そのためにはライフスタイルを大胆に変える必要があります。

お酒の代わりになることを探したり、大酒飲みの友人がいたら距離を取り新しい友人を作りましょう。

3.AA(アルコホーリクス・アノニマス)ミーティングに参加する

AA(アルコホーリクス・アノニマス)は、アルコール依存症者の自助会です。

参加するには少し勇気がいりますが、依存症と戦う仲間が見つかりますし、サポートが受けられます

日本にもいくつかAAがあります。

AA日本ゼネラルサービス – AA JapanGeneralService – | AA日本ゼネラルサービス – AA JapanGeneralService – 03-3590-5377
AA日本ゼネラルサービス – AA JapanGeneralService – 03-3590-5377

4.知識を持つ

アルコール依存症は他に人に打ち明けにくいにも事実です。

そんなときは、本やブログを読むのがおすすめです。世の中にはお酒を止めた経験を書いた自伝やブログがたくさんあります。

本やブログを通じてでも他人の経験を学習でき、自分が一人ではないと気づく助けになります。

お酒の習慣を変える刺激にもなります。

5.お酒を飲まないことのメリットに気づく

お酒を止めたり制限するのは大変かもしれません。

しかし、これには多くのメリットがあります。

たとえば、目覚めが良くなる、体重が減る、お金が貯まる、ADHDの症状が改善するなどです。

これらのメリットに気がつけば、お酒を飲むのを止める助けになります。

参考記事:Do You Need to Cut Down Your Drinking?


新版 アルコール依存症から抜け出す本 (健康ライブラリーイラスト版)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました