診断テスト/チェックリスト一覧

スポンサーリンク
対人関係728

ワーキングメモリー(短期記憶、作業記憶)の診断チェックができるサイトまとめ

仕事でミスが多い、仕事を処理するのが遅い、複数のことを同時にできない・・・。これらに当てはまる人は、もしかしたらワーキングメモリーに問題があるのかもしれません。ワーキングメモリーとは、作業記憶、短期記憶とも呼ばれます。短い時間に情報を保持して、同時に処理する能力のことです。会話や読み書き、計算などの基礎となる能力です。

インターネットで受けられるHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)診断チェックテストまとめ

インターネットで無料で受けられる「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の診断チェックテストを紹介します。 HSPの人は、刺激に敏感だと言われています。大きな音や、眩しい光、蛍光灯、強い匂いのようなものです。

大人の発達障害をチェックできる6つの質問とは?

最近、米マサチューセッツ工科大学の教授らが、大人の発達障害をチェックする新基準を発表したそうです。従来の検査項目は18あるそうですが、この新基準はさらに数が減り、検査項目は6つになったそうです。つまり、わずか6つの質問で大人の発達障害かどうかを判断できることになります。

あなたがADHD「ではない」ことを示す17のサイン

現在、インターネット上には、様々なADHDの診断テストがあります。しかしこのADHDの診断テストは少し変わっています。ADHD「ではない」ことを診断するテストだからです。 このテストで示されるサインに「はい」が多いほど、ADHDでない可能性が高くなります。逆に、「いいえ」が多いほど、ADHDである可能性が高くなります。

あなたは「ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)」かも?HSPを示す30のサイン

「ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)」という言葉を知っていますか?「高度な感受性を持つ人」という意味です。 この特徴のある人は、他の人よりも微妙なことによく気がついたり、刺激に人一倍敏感だったりします。そこでHSPを示すサインを紹介します。もしこれらのサインに当てはまるなら、あなたはHSPかもしれません。

インターネットで受けられるアスペルガー症候群の診断テストまとめ

インターネット上には無料で受けられる診断テストがいくつかあります。この記事では、インターネットで受けられるアスペルガー症候群の診断テストをまとめました。この診断テストを受けてみて、もしアスペルガー症候群の疑いがあるようならば、専門家の診察を受けてみましょう。

発達障害傾向をチェックできる「アイスクリーム課題」

発達障害の傾向をチェックできる問題として、「アイスクリーム課題」というものがあります。 この問題は、標準的には小学校低学年でわかる問題です。しかし発達障害の傾向がある人はこの問題をわかる年齢が遅れがちであり、さらに中には大人でもわからないという人もいるそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2