たくさん眠るとADHDの症状が改善される?研究で明らかに

アメリカの研究(シンシナティ小児病院医療センター)によると、ADHD(10代)の人は、睡眠をたくさんとると症状が改善することがわかりました。この研究結果は、米国生理学会で発表される予定です。

Teenagers with attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) may benefit from more sleep to help them focus, plan and control their emotions.

研究では、ADHDの若者を対象に、一週間で6時間半の睡眠をとるグループと、9時間半の睡眠をとるグループの2つにわけました。

そして、2つのグループのワーキングメモリー、整理・計画能力、感情コントロールなどの「実行機能」を評価しました。

その結果、9時間半の睡眠をとったグループのほうが、評価が高いことがわかったそうです。睡眠不足だと、脳の実行機能が低下するようです。

そのため、ADHDの人は睡眠をできるだけたくさんとったほうがよいですね。この研究の対象は10代ですが、おそらくそれ以上の年齢の人にも当てはまると思います。

参考記事:More sleep may help teens with ADHD focus and organize

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2