障害年金受給者1000人が打ち切りに?日本年金機構が検討

対人苦手リンク

障害年金は、病気やケガで仕事ができない場合に受け取ることができる年金のことです。精神障害や発達障害の人も受給をすることができます。

しかし、最近、この障害年金を受給している人約1000人が、障害が軽いという理由で打ち切りになる可能性があるそうです。

 日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した。対象者には、特例的に1年間の受け取り継続を認めつつ、今年度中に改めて支給の可否を審査するとの通知が届いている。都道府県単位だった審査手続きが全国で一元化された影響とみられる

日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した。

これは「審査手続きの変更」が原因としてあるようです。

これは以前から言われてきたことです。これまで障害年金が認定される割合には地域差があり、これが問題とされていました。

それで、今回審査する機関が東京の障害年金センターに集約されることになり、その結果打ち切りが検討されることになったようです。

つまり、簡単に言うと、障害年金の受給を審査する医者が変わり、この変わった医者は審査が厳しいため、約1000人が打ち切りとなる(可能性がある)ということだと思われます。

まだ決定というわけではないので今後どうなるかはまだわかりません。しかし、打ち切りとなると生活にも大きな影響が出ると思いますので、当事者の人にとっては不安になる人も多いのではないでしょうか・・・。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2