障害年金受給者1000人が打ち切りに?日本年金機構が検討

障害年金は、病気やケガで仕事ができない場合に受け取ることができる年金のことです。精神障害や発達障害の人も受給をすることができます。

しかし、最近、この障害年金を受給している人約1000人が、障害が軽いという理由で打ち切りになる可能性があるそうです。

障害年金:1000人打ち切りか 審査集約、戸惑う受給者 | 毎日新聞
 日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した。対象者には、特例的に1年間の受け取り継続を認めつつ、今年度中に改めて支給の可否を審査するとの通知が届いている。都道府県単位だった審査手続きが全国で一元化された影響とみられる

日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した。

これは「審査手続きの変更」が原因としてあるようです。

これは以前から言われてきたことです。これまで障害年金が認定される割合には地域差があり、これが問題とされていました。

それで、今回審査する機関が東京の障害年金センターに集約されることになり、その結果打ち切りが検討されることになったようです。

つまり、簡単に言うと、障害年金の受給を審査する医者が変わり、この変わった医者は審査が厳しいため、約1000人が打ち切りとなる(可能性がある)ということだと思われます。

まだ決定というわけではないので今後どうなるかはまだわかりません。しかし、打ち切りとなると生活にも大きな影響が出ると思いますので、当事者の人にとっては不安になる人も多いのではないでしょうか・・・。


マンガでわかる! 障害年金

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました