免疫細胞を活性化させると発達障害の予防や治療ができる?

「ミクログリア」という免疫細胞が神経細胞と接触することで脳の回路が作られることを、日本の研究チームが発見したそうです。

脳内の死んだ細胞や老廃物を取り込む免疫細胞「ミクログリア」が神経細胞と接触することで、脳の回路が作られることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームが発見、5日までに英科学誌電子版に発表した。

そして興味深いのは、このミクログリアを活性化させることで、発達障害の予防や治療ができる可能性があるということです。

発達障害は脳回路の異常が原因であるため、脳の回路を作るミクログリアを活性化させれば、発達障害が改善すると考えられるからのようです。

 研究所の鍋倉淳一教授(神経生理学)は「さまざまな発達障害で脳回路の異常が起こっていることが知られている」と指摘。ミクログリアを活性化させることで、脳回路の異常が原因の病気の治療や予防につながる可能性があるとした。

専門家ではないとよくわからないことも多いですが、もしこの発見が発達障害の予防や治療につながるとしたら、今後の研究を期待したいですね。まだ発見段階だと思うので、今後の動向にも注目していきたいです。

参考記事:免疫細胞が脳回路を形成 発達障害に関連か
[amazonjs asin=”4798149292″ locale=”JP” title=”ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本”]

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました