非白人の子どもはADHDの診断・治療がされにくい?

アメリカは様々な人種の人が暮らしている国です。

最近の研究によると、アメリカでは、アフリカ系とラテン系の子どもは、白人の子どもよりも、ADHDの診断・治療を受けることがはるかに少なかったそうです。

Doctors may miss ADHD in nonwhite kids
African-American and Latino children with attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) may be much less likely to receive a diagnosis or treatment than their...

カリフォルニア大学の教授によると、非白人の子どもの両親は、メンタルヘルスに関するサービスにアクセスするのが難しかったり、サービスを受ける余裕がなかったり、または子どものための治療を受ける機会から排除されているのではないかと話します。

おそらくアフリカ系やラテン系の子どもの家族のほうが経済的に貧しい暮らしをしていたり、家庭に問題があったりすることが多く、それが原因となっているのかもしれません。家族に余裕がないと、子どもの精神的なケアが十分にできないように思います。

ADHDの診断や治療を受ける機会というのも、人種や経済的な事情などで変わってくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

日本では?

日本では人種の違いというのはあまりありませんが、裕福な家族と、そうではない家族という、経済格差はあります。

もしかしたら経済的に貧しい家族は、子どもの精神的なケアをする余裕がなく、ADHDの診断や治療を受けることが少なくなる可能性もあるのかもしれません。

参考記事:Doctors may miss ADHD in nonwhite kids
[amazonjs asin=”4750335339″ locale=”JP” title=”ADHDのある子のやる気を引き出すペアレントトレーニング―診断から薬、食生活、ソーシャルスキルトレーニングまで―”]

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました