ADHDの子どもがいる夫婦は離婚しやすい?アメリカの調査結果

アメリカの専門家によると、ADHDの子どもを持つ夫婦は離婚しやすいそうです。

その割合は、普通の子どもを持つ夫婦と比べて約2倍だそうです。

これはアメリカバッファロー大学の、ウイリアム・E・ペルハム博士他による研究です。

具体的には、子どもが8歳の時点で離婚した夫婦は、ADHDの子どもを持つ夫婦が22.7%のに対し、普通の子どもを持つ夫婦は12.6%だったそうです。

ただし、ADHDが離婚の唯一の原因ではなく、ADHDの子どもの子育ての問題と家庭内の他のストレスが重なることで、夫婦の衝突が起こり、最終的には離婚につながるそうです。

スポンサーリンク

8歳を過ぎれば離婚はしない?

また興味深いのは、子どもが「8歳」を過ぎると、ADHDの子どもを持つ夫婦と、普通の子どもを持つ夫婦で、離婚の割合は変わらなくなるそうです。

つまり、子どもの子育てが大変だったとしても、子どもが8歳を過ぎればその後は夫婦関係がうまくいくということなのかもしれません。

ただし、研究者によれば離婚は必ずしも悪いことではないそうです。

深刻な夫婦間の衝突が何度も続き子どもを育てることが困難になった場合、離婚は子どもにとってもベストな選択肢になる場合もあるからです。

この研究はアメリカの夫婦を対象としているので、社会文化の違う日本とはまた異なることも注意が必要でしょう。

日本で同じ研究がおこなわれたら、どのような結果が出るのでしょうか。

参考サイト:Couples with children with ADHD twice as likely to divorce

[amazonjs asin=”4750315524″ locale=”JP” title=”読んで学べるADHDのペアレントトレーニング――むずかしい子にやさしい子育”]

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました