パニックになる人も?熊本の地震で被災した発達障害者、支援や配慮が必要

熊本の地震で被災した人の中には発達障害者の人もたくさんいるでしょう。

慣れない避難生活で問題を抱える人も多いようです。過去東日本大震災のときも、偏食で配給食が食べれない、パニックを起こしてしまうなどが実際にあったそうです。見知らぬ人たちとの共同生活もかなりストレスになるだろうと想像できます。中には避難所生活を避けて車中生活を送る家族もいたそうです。

被災者の人たちは生活をするだけで精いっぱいで、なかなか余裕はないかもしれませんが、障害者の人たちへの適切な支援や配慮が行われるといいですね。

熊本県などでの一連の地震で、多くの住民が避難生活を強いられている。自閉症など発達障害がある人の中には、環境の変化に対応するのが難しいため、パニックをおこしたり、共同生活になじめなかったりすることがあるので配慮が必要だ。

参考記事:発達障害者に支援や配慮を 避難生活なじめずパニックも

偏食で配給食が食べられない▽見守りが必要で配給の受け取りに行けない▽夜中に目を覚まして声を出してしまう――など、障害特有の行動で、本人だけでなく、家族の負担も大きかった。周囲に遠慮し、避難所生活をあきらめて車中生活を送った家族もいた。

参考記事:発達障害者に支援や配慮を 避難生活なじめずパニックも

記事によると、国立障害者リハビリテーションセンター研究所の発達障害情報・支援センターが東日本大震災でのアンケートを元に支援の冊子を作ったそうです。支援に関する情報はこちら「災害時の発達障害児・者支援について」で見られるそうです。

参考サイト:発達障害者に支援や配慮を 避難生活なじめずパニックも

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました