ADHDの人は、裁量が大きくてサポートの多い仕事が向いている?

最新の調査によると、ADHDの人は、裁量が小さくて支援が少ない仕事に非常に敏感だとわかりました。このような仕事は、心理的に苦痛を感じるADHDの人が多いです。

Who doesn’t want a job where they have lots of control over how they perform their duties and lots of support from their colleagues? Pretty much no one. But it ...

そのため、仕事を探しをしているADHDの人は、裁量が大きくて支援が多く得られる仕事を選ぶとよいかもしれません。

これに当てはまりそうな仕事としてすぐに思い浮かぶのは、自営業やフリーランスですね。裁量は非常に大きいです。ただし、支援が少ないかもしれません。ほかには、歩合制の営業も、裁量が大きいです。この2つの仕事は、ADHDの人におすすめとして紹介されることがあります。

ADHDの人は、仕事がパフォーマンスに大きく影響を与えます。仕事が変われば、パフォーマンスも劇的に変化する可能性があるのです。

もし、仕事があっていれば、クリエイティブで献身的、そして過集中を発揮できます。しかし、合わない仕事では、苦痛を感じて集中できないのです。

ただし、どの仕事が向いているのかは、実際にやってみないとわかりません。まずは、いくつか仕事をやってみて、試行錯誤をする必要があるかもしれません。

参考記事:Autonomy + Social Support = Good Job for ADHD


発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2