ADHDの人は、裁量が大きくてサポートの多い仕事が向いている?

最新の調査によると、ADHDの人は、裁量が小さくて支援が少ない仕事に非常に敏感だとわかりました。このような仕事は、心理的に苦痛を感じるADHDの人が多いです。

301 Moved Permanently

そのため、仕事を探しをしているADHDの人は、裁量が大きくて支援が多く得られる仕事を選ぶとよいかもしれません。

これに当てはまりそうな仕事としてすぐに思い浮かぶのは、自営業やフリーランスですね。裁量は非常に大きいです。ただし、支援が少ないかもしれません。ほかには、歩合制の営業も、裁量が大きいです。この2つの仕事は、ADHDの人におすすめとして紹介されることがあります。

ADHDの人は、仕事がパフォーマンスに大きく影響を与えます。仕事が変われば、パフォーマンスも劇的に変化する可能性があるのです。

もし、仕事があっていれば、クリエイティブで献身的、そして過集中を発揮できます。しかし、合わない仕事では、苦痛を感じて集中できないのです。

ただし、どの仕事が向いているのかは、実際にやってみないとわかりません。まずは、いくつか仕事をやってみて、試行錯誤をする必要があるかもしれません。

参考記事:Autonomy + Social Support = Good Job for ADHD


発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました