10分でADHDの診断テストが終了?目の動きでADHDを診断する新しい技術が開発される

従来のADHDの診断方法は、すぐに結果がわかるものではなく、診断には長い時間が必要です。しかし最新の新しい技術により、もしかしたらADHDの診断が10分で完了するようになるかもしれません。

「Braingaze」という企業が開発した技術によると、「目の動き」を利用し、診断する人の「注意持続時間」を突き止めることで、ADHD(注意欠陥多動性障害)かどうかを10分で診断できるようになるそうです。

一説には、発達障害は目の動きで診断できるという言われています((発達障害は「目の動き」で診断できる?)。今回のこの新しい技術はその知見を利用しているのかもしれません。

すでにこの新しい技術でジャーナリストの男性がADHDの診断を受けたそうです。

スポンサーリンク

10週間から10分に時間が短縮できる

従来のADHDの診断方法は、診断結果が出るまでに10週間ほどかかるそうです。これが長いと思う人も多いかもしれません。

しかしもしこの新しい技術を診断に使用すると、診断にかかる時間が10週間から10分と、大幅に短縮されることになります。あまりに短すぎるので少し怖い感じもしますが、もしこれが実用化されると革命的なことかもしれません。

ただしこれを開発した企業の創設者の人によると、医療の診断を優先させるとのことなので、この技術のみで診断が終わるということは将来的にもならないかもしれません。あくまで補助的なものとしての利用になるのではないでしょうか。

しかし今後の動きに目が離せません。

参考記事:Diagnosing ADHD Is Just A Few Minutes Away With The Help Of This New Technology


ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました