ジャスティン・ビーバーはADHDの薬(アデロール)を服用している?

『GQ』誌の取材で、あのジャスティン・ビーバーが、ADHD治療薬の「アデロール」(日本では禁止)を服用していることを明らかにしました。

ジャスティン・ビーバーは集中力を高めるためにこの薬を服用しています。服用している期間は約1年です。ただし、今後は薬を止める計画をしています。

ジャスティン・ビーバーは最近、コンサート中にファンの声が大きすぎたため、ステージを離れるというハプニングがありました。

ジャスティン・ビーバーはADHDが原因で今回の事件を起こしてしまったと説明しました。しかし、ジャスティン・ビーバーが正式にADHDの診断を受けているかはわかりません。ADHDを言い訳にしているだけだという人も多くいます。

しかし、アメリカは日本以上に、多くの人がADHDの薬を服用しているようですね。これが良いことなのかはわかりませんが・・。

参考記事:Justin Bieber’s Behavioral Problem Is Because He Has ADHD


チェンジズ₋デラックス・エディション(限定盤)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました