朝起きられないADHDの人のための8の対策

ADHDの人は朝起きるのが苦手な人が多いです。

そこでADHDの人が朝起きられるようになるための対策を紹介します。

スポンサーリンク

1.目覚まし時計を3つ用意する

複数の目覚まし時計を用意します。特に、3つあるとベストです。

1つは枕の横に、残りの2つはベッドから離れた場所におきます。

そうすることで、目覚ましを切るために強制的に起きなければならなくなります。

2.スヌーズモードにしない

スヌーズモードにすると、起きる時間が遅くなります。

たとえ数分間よけいに寝たところで疲れは取れません。

3.ADHDの薬を飲み、また眠る

もしADHDの薬を服用している場合は、目覚まし時計を起きる時間より30~60分早くセットします。

そして、目覚まし時計が鳴ったらADHDの薬を飲み、それからまた眠ります。

そうすれば、次のアラームが鳴ったときには薬が効いていて、気持ちよく起きられます。

4.朝どうしても起きたくなるものを作る

朝どうしても起きたくなるような「モチベーション」を作りましょう。

たとえば、「かわいいペットの世話をしたい」「美味しい朝食を食べたい」などがあれば、朝起きられるようになります。

5.音楽を利用する

激しい音楽が演奏されると、眠りに入るのとても難しいですよね。

これを利用して、目覚まし時計で音楽が鳴るようにセットすることもいいでしょう。

6.朝の日課を作る

朝に日課(毎日必ずすること)を持つことは、仕事の成功にもつながるのでおすすめです。

朝に毎日することがあれば、朝起きるのも辛くなくなります。

7.目覚まし時計にこだわる

現在は様々な目覚まし時計が出ていますから、様々な目覚まし時計を使うと朝起きるのが簡単になるでしょう。

たとえば以下のようなものがあります。


光目覚まし時計inti4【マツコの知らない世界】で紹介 快眠グッズ 光と音

8.睡眠用のサプリメント

睡眠用のサプリメントも最近は人気です。睡眠薬よりも体に優しいと思います。一度試してみてはいかがでしょうか。

睡眠用のサプリメントには、たとえば「朝が辛いお子様に【キリツテイン】」や「12種類の休息成分配合で毎日ぐっすり!|ネムリス-nemlis」があります。

参考記事:How to Wake Up When You Have ADHD

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました