ADHDと「誤診」される子どもの数はどれくらい?誤診の原因は?

聴診器

アメリカの疾病管理センターによると、アメリカでADHDと診断された子どもの数は640万人です。アメリカの子ども全体の約11%がADHDという計算になります。

一方で、ADHDと誤診されるケースも非常に多いです。

誤診の数は1年間で約100万人にもなると指摘する専門家もいます。

それでは、なぜ誤診が生まれるのでしょうか?

以下の記事から誤診の原因をいくつか紹介します。

How Many Children Are Misdiagnosed With ADD & ADHD A Year? The Numbers Are Ridiculous
About 6.4 million children have been diagnosed with ADD and ADHD, according to studies by the Centers for Disease Control. It is one of the most common childh...
スポンサーリンク

誤診の原因は?

家族のトラウマがADHDと間違われる

ADHDと診断された子どもの家族は、貧困、離婚、暴力、薬物中毒など、問題を抱えた家族が多いです。

問題を抱えた家族で育った子どもはトラウマを抱えており、そのトラウマが原因の行動が、ADHDと間違われてしまう可能性があるのです。

学習障害がADHDと間違われる

もう一つの理由は、学習障害がADHDと間違われる可能性です。

ハーバード大学の教授によると、学習障害の子どもの55%は注意力の欠如があります。

この学習障害による子供の注意力の欠如が、ADHDと間違われてしまう場合があるのです。

参考記事:How Many Children Are Misdiagnosed With ADD & ADHD A Year? The Numbers Are Ridiculous


最新図解 ADHDの子どもたちをサポートする本 (発達障害を考える心をつなぐ)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました