ADHDの人が不安に対処する方法は?

考える人

ADHDの人は不安を感じやすいです。

医者から抗不安薬を処方されている人もいるでしょう。

そこで、ADHDの人が不安に対処する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ADHDの人が不安に対処する方法

元米海軍兵士のリッチ・ディヴィニー氏による、不安を感じるときに使える実践的でシンプルな提案が参考になります。

不安とは、外部環境の不確実性によって引き起こされる内的反応です。

人間は、何が起こるかわからないとき、起こりうるすべての(たいていは最悪の)シナリオを考え、頭の中で何度も繰り返し再生します。

ADHDの人は、頭の回転が速くクリエイティブなため、最悪のケースを考えるのが得意ですが、それが不安を増大させてしまうのです。

そんなとき、リッチ氏は、自分に問いかけることを提案します。

今、自分がコントロールできることは何か?

なぜこうするかというと、小さな行動を起こすと、ドーパミンが分泌され、気分が良くなるからです。

たとえば、空港に到着したのに、スーツケースが届いていなかったとします。

届いていないスーツケースについて、起こりうる問題を考えると、不安になってきます。

そんな時は、まず最初に、自分自身に問いかけてみましょう。

今、自分の力でできることは何だろう?

そうすることで、脳は自分ができる行動を考え出します。

スーツケースが今どこにあるのか、行き先にスーツケースを送ってもらえるのかどうかなどは、あなたの力ではコントロールできません。

しかし、「航空会社のカウンターに行って、スーツケースの紛失を届け出る」ことはできます。

そして、カウンターに向かって歩き出せば、すぐに不安は解消されるでしょう。

もし今、何か不安を感じているなら、「今、自分がコントロールできることは何か」を考えることをおすすめします。

まとめ

  • ADHDの人は、頭の回転が速く、クリエイティブなので、最悪のケースを考えるのが得意だが、それが不安を増大させてしまう
  • そんなときは、今、自分がコントロールできることは何か?を自分に問い、行動に移す
  • 小さな行動を起こすと、ドーパミンが分泌され、気分が良くなるから


ADHDの人の「やる気」マネジメント 「先延ばしグセ」を「すぐやる」にかえる! (健康ライブラリー)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました