アスペルガー症候群の男性は恋人をどうやって作ればいい?

対人苦手リンク

アスペルガー症候群は、主に対人関係に問題があるのが特徴です。

そのため、良好な友人関係のみならず、恋人関係を築くことも簡単ではないように思えます。

特に、一般的に恋愛は男性がリードしなければならないため、対人関係が苦手なアスペルガーの男性は恋人を作るのが難しいように思えます。

そこで、アスペルガー症候群の男性が恋人を作る方法や、恋人を作るうえでの考え方などを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「なぜ恋人がほしいのかを考える」

まず、なぜ恋人がほしいのかを考えましょう

一人でいるほうが楽だし、恋人がいると大変なことも増えます。

それでも誰かと恋人関係になりたいと思うのは、どうしても恋人の関係になりたいという「特定の誰か」がいるからです。

まず、特定の誰かがいてその人と恋人になりたい、というのが恋愛の順番です。

もし誰でもいいから恋人がほしい、というのであれば、それはあまりよくない考えかもしれません。

2.「相手の気持ちを確認する」

次に、恋人になりたいと思う特定の相手がみつかったら、相手もあなたと恋人になりたいと思っているか確認しましょう。そのためにはデートに誘うのが一番です。

3.「デートに誘う相手の特徴」

デートに誘う相手は、一緒にいてくつろげる人がいいでしょう。またアスペルガーの特徴(奇妙な癖や無愛想なところ)も受け入れてくれる人がいいでしょう。ただしデート中は、できるだけアスペルガーの癖は出さないようにしたほうが良いでしょう。

他には「その人の前だと緊張せずに自然にいられる」「自然に笑うことができる、自分を笑い話にできる(それで自分が傷つかない)」「共有できる趣味や興味などを一つ以上持っている」「(身体的な)魅力を感じる」人が、デートに誘うのにふさわしい人です。

4.「最初のデートは時間を少なく」

最初のデートは、緊張するし、ぎこちないもので、あまり楽しくない場合が多いです。そこで、最初のデートは、時間を少なくすることでそのプレッシャーを減らしましょう。

5.「映画の後、カフェやお酒」

最初のデートはカフェやお酒を飲みに誘うのが良いでしょう。そしてデートには制限時間を決めましょう。そうすればデートがうまくいかなくても安心です。

またカフェでコーヒーを飲む場合は、朝の時間か、午後の3時から5時の間、またお酒を飲む場合は、5時から7時の間が良いでしょう。

一番良いのは、映画を見た後に、カフェやお酒を飲みに行くことです。

映画を見ている間は、お互いの体が近づくので、より親密になれます。ただし話はほとんどできないので、お互いのことを知ることはあまりできません。ですから映画を見終わった後、カフェに行ったり、お酒を飲んだりするのが良いのです。アスペルガーの人にとって、デートで映画を見るのはプラスになります。

また性別に関係なく、自分から誘い、お金も自分から払うようにしたほうが良いでしょう。

6.「デートで話すことは?」

デートではどんな話をしたらよいでしょうか?まずは彼女を誉めましょう。それから、質問をしましょう。出身地は?仕事は何をしているの?最近旅行はした?などなどです。

お互いの共通の話題が見つかった時は、その話を広げましょう。ただし面接の質問のような堅苦しい感じではなく、彼女がくつろいで答えられるようにしましょう。そしてありのままの彼女がどんな人物なのかを知りましょう。

また彼女にも、あなたがどんな人物なのか、自然にわかるようにしましょう(無理に教えるのではなく)。

7.「デートがうまくいったら?」

もし彼女にまた会いたいと思ったら、またデートの約束をしましょう。もし彼女が良いと言ったら、また彼女に電話をして、具体的な計画を立てます。恋人の関係とは、これらの繰り返しのイベントによって発展していきます。

8.「デートがうまくいかなかったら?」

また、デートがもしうまくいかなかったら、それはしょうがありません。別の相手を探しましょう。あなただけでなく、他の多くの人たちも、うまくいかないことのほうが多いです。自分のせいなどとは思わないようにしましょう。

自分を過小評価しないようにしましょう。まずは、多くの友人関係を作りましょう。これはポジティブな関係を作る助けになります。それから恋人関係になりたいと思う相手が出てくるでしょう。

参考記事:How can a guy with Asperger’s get a girlfriend?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ