「ハイリー・センシティブ・パーソン (HSP)」の人がしてはいけないこととは?

ハイリー・センシティブ・パーソン(以下HSP)の人がしてはいけないことを紹介します。

HSPの人が自身の経験や専門家の人の意見を参考にしたものです。

HSPの人で、もし以下のことをしていると思う人は、気をつけたほうがよいかもしれません。

スポンサーリンク

1.「寝る前にホラー映画を見る」

HSPの人が寝る前にホラー映画を見ると、それが夢に出てきてしまいます。

HSPの人は映画を映画として切り離すことができず、映画の内容が心の内面にも影響してしまうのです。

これはホラー映画だけでなく、ショッキングな内容のニュースやその動画を見ても同じようなことが起きそうです。

2.「刺激の強い場所に行く」

HSPの人は、人がたくさんいる場所や、大音量の音楽が流れているような刺激の多い場所に行くのは良くありません。

具体的には、クラブやコンサートでしょうか。

そのような場所は、HSPの人に感覚的な負荷を与えてしまうのです。

3.「グループで行うスポーツに参加する」

HSPの人は、グループで行うスポーツに参加すると、みんなから見られているような気持ちになります。

そのため、失敗したらどうしようと不安になってしまうのです。

4.「マルチタスク作業」

違う作業を同時に行うマルチタスクは、HSPの人には困難です。

特に職場環境ではそうなる人が多いようです。不安を覚えてしまうことが原因の一つです。

5.「批判される立場に立つ」

HSPの人は批判されるのが苦手です。

そのため、あらゆる手を使い批判を避けようとします。

そして、結果的に自分を犠牲にし他者のニーズに敏感になります。

HSPの人がお人よしになってしまうのも、これが理由の一つです。

しかし、その結果自分に自信がなくなったり、自分は価値のない人間だと思うようになります。

6.「有害な人と付き合う」

有害な人と付き合うのは、HSPの人によくありません。

有害な人とは、あなたを批判をしたり、あなたの自信を失わせるような人です。

このような人とばかり付き合うと、自尊心が低くなり、うつ状態になる可能性もあります。

かわりに、健康で肯定的な関係を作れる人と付き合うのがおすすめです。

以上です。

特に重要だと思ったのは、「有害な人と付き合う」です。

先に書いたように、HSPの人は「お人よし」になってしまいがちです。そのため、有害と思われる人とも断れずに付き合ってしまう人がいるかもしれません。もし断って批判されるのを恐れるからです。

しかし、それは結果的に自分にとってマイナスとなることなのかもしれません。できれば一緒にいて幸せになれるような人と付き合うようにしたほうがよいのかもしれません。

参考記事:7 Things You Should Never Do If You’re A Sensitive Person

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました